TOP  >  自慢のお米  >  カミアカリ  >  長野伊那ザライスファーム巨大胚芽米カミアカリ 無農薬無肥料栽培米
長野伊那ザライスファーム巨大胚芽米カミアカリ 無農薬無肥料栽培米

1998年の秋、コシヒカリの巨大胚芽を持つ突然変異株を、静岡県藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんが偶然発見したのが始まりです。その一株から6年掛けて品種として固定したのが巨大胚芽米カミアカリです。その名のとおり、通常の3倍余もの大きな胚芽を持つことから、その特徴を活かすため玄米食専用品種として紹介しています。アンコメは2001年からカミアカリの開発に関わり勉強会(カミアカリドリーム勉強会)を通じて、この米の魅力の発見や創造に取り組んでいます。カミアカリは現在全国で6産地で栽培をしてます。発見育成者でもある静岡県藤枝市の有機米生産者松下さん、福島県の会津地方喜多方市の有機米生産者菅井さん、茨城県久慈郡大子町の生産者大久保さん、長野県伊那市の農業法人ザライスファーム、静岡県南伊豆のアグリビジネスリーディングの中村さん、千葉県いすみ市つるかめ農園の鶴渕さんです。彼らは勉強会で共に学ぶ仲間であり、カミアカリ栽培にふさわしい考えと技術、何よりチャレンジ精神を持った生産者たちです。同じカミアカリであっても異なる気候風土、異なる栽培方法が、それぞれ独自のカミアカリを生み出しています。その違いこそがカミアカリの魅力なのです。

このお米は6生産地のひとつ、長野県伊那市長谷という標高1000メートルの棚田で栽培されています。ここから上に田んぼはおろか人家もない、あるのは南アルプスのみ。その山域から流れ下る冷水を最上流で使うという贅沢でもあり、また厳しくもある環境下、なおかつ農薬や肥料さえも使わないという、かなりストイックな栽培で生まれたカミアカリです。この栽培計画には国内でただ一人、自然栽培の研究で農学博士号をもつ細谷啓太さんを中心に生産事業を行う農業法人ザライスファームが担っています。

令和2年産のすべてのカミアカリの中で見た目の品質の良さではこのカミアカリがいちばん良好。猛暑の年は標高の高い地域に断然アドバンテージがありました。冷たい水、限られた日照、厳しい環境ならではなのか、表皮が熱く食感はややボディがしっかりとしたやや硬め。米が稲の「種」であることを実感させてくれます。醤油や味噌のような発酵系の香りは独特。硬めの食感のため噛んでいる時間が長いことから味わいの変化も面白い。最後はトウモロコシのような甘みの余韻が印象的でした。じつはこのカミアカリは輸出用としてこれまで生産してきましたが令和2年産から国内販売もすることになりました。収量が他のカミアカリ生産地(有機栽培)の約半分ということもありかなり希少です。そんな厳しい環境下で生まれた若手生産者たちの夢の結晶です。ぜひ味わってみてください!

白米・玄米カミアカリは玄米販売のみです。
価格1キロ ¥2000
5キロ  ¥9600
10キロ ¥19000
生産地長野県伊那市長谷
生産者ザ・ライスファーム
無農薬無肥料栽培
必須注文内容

kg 個 つき方白米 3分 5分 7分 玄米
配送方法
配送希望【ヤマト運輸】
配送希望【佐川急便】
配送希望【アンコメ宅配】
宅配ボックス
お支払い方法
必須お名前
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須郵便番号
必須ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
必須電話番号
電話番号2
御意見等ございましたら御記入ください。
必須送信確認
  
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 3  件):   前  1  2  3