キャプション 巨大胚芽米カミアカリ 奥久慈
ようこそ「ankome通信」へ。このサイトは安東米店・通称アンコメの今を知ってもらおうと発信しているサイトです。

もっと詳しく...

更新情報

アンコメ米作りプロジェクト

 種まきからたった半年で黄金原。「これはまるで錬金術だな・・・」と、毎年この光景を見るたびに思う。色から感じるイメージもさることながら、一粒が1000倍(栽培方法にもよる)にもなるのだから錬金術と言っても...

>続きを読む

いま旬!オススメ品

 お正月、お餅たっぷりたべたはずだけど、これは別腹。玄米もちにアーモンドを入れたアンコメ人気のオリジナル玄米もち。しっかり蒸かしたもち玄米を、杵搗きして仕上げます。通常の白いもちとは異なり、半殺し...

>続きを読む

米屋のいい訳

 毎年恒例!百人スイハニングやってきました。島田市にある蔵元、大村屋酒造場で毎年行っている「お米とお酒の学校」。親子で田植えから収穫までの稲作体験をしてできたお米でお酒が作られるまでの過程を学ぶワ...

>続きを読む

今ならコレがオススメ!

 いちばん美味しいお米ってどれ?(白飯で)こんな直球質問を時々いただくことが時々ありますが、そもそも美味しい米に一番二番はないと思いあれやこれや考えているのがアンコメイズム。そんなアンコメでも「これ...

>続きを読む

アンコメの祝い米

 アンコメのお米ギフト「祝い米」の中でとりわけ個性的なパッケージといえば、やはり「ビン」です。機械栓付きのプレーンな4合ビン越しに見えるお米はじつに美しく「見て楽しむ」をコンセプトにデザインしてい...

>続きを読む

カミアカリドリーム

 カミアカリドリーム勉強会を11月5日(日)に行います。秋の勉強会では例年どおり新米カミアカリ(29年産)を一同に集め、炊き立てを味わいながら今年の出来具合などを生産者を交えながらディスカッションし交流を深め...

>続きを読む

てがき版ankome通信

 こんにちはアンコメⓇです。総務省家計調査によれば静岡市は一世帯あたり全国で価値ある(年間消費金額31640円/世帯)お米をたくさん(年間消費量87.11キロ/世帯)食べている市だそうです。(1位浜松市、2位静岡市、以下...

>続きを読む

How to Order

お電話、ファクス、インターネットで。
静岡、清水市内(一部地域を除く)でお米5キロ以上もしく¥2000以上であれば当日または指定日無料宅配いたします。
上記エリア以外の地域はヤマト宅急便にて発送いたします。