キャプション 巨大胚芽米カミアカリ 奥久慈
ようこそ「ankome通信」へ。このサイトは安東米店・通称アンコメの今を知ってもらおうと発信しているサイトです。

もっと詳しく...

更新情報

アンコメ米作りプロジェクト

 平成13年(2001年)松下と僕が取り組み始めたこの有機米栽培プロジェクトは今年、平成31年で19作目の作付けとなる。その平成31年産は秋がやって来て、米が収穫されると令和元年産米と呼ばれることとなる。そんな時...

>続きを読む

スイハニング事業部

 静岡市藁科川上流域、地域のママたちに呼ばれてスイハニングワークショップをやってきた。集まったのはママたちとちびっこの総勢20名。会場の清沢生涯学習センターは木の香りのするフラットハウスでセンター内...

>続きを読む

米屋のいい訳

 日常に何気なくある「お米(ごはん)」と「家具」についてアンコメ(安東米店)とマルミヤが月1回(たぶん)のコラムをゆるやかに発信しています。ごはんと家具「はじまり」はこちらをクリック_前編のつづき長坂オス...

>続きを読む

今ならコレがオススメ!

 思えばアンコメで「にこまる」を作付を計画し販売を開始したのは2011年。東日本大震災のあった年だった。スタートは静岡県藤枝市の有機米生産者松下さんと企画、栽培している松下×安米プロジェクト米「ヒノ...

>続きを読む

アンコメの祝い米

 二千年前のスイハニングでも書いたアートロの収穫祭。この日に煮炊きしたお米を参加者みなさんにお持ち帰りするということで小分けを依頼され作ったパッケージ。人気のクラフト小袋にアートロ米を約1合(150グ...

>続きを読む

カミアカリドリーム

 カミアカリドリーム勉強会を11月4日(日)に行います。秋の勉強会では例年どおり新米カミアカリ(30年産)を一同に集め、炊き立てを味わいながら今年の出来具合などを生産者を交えながらディスカッションし交流を深め...

>続きを読む

いま旬!オススメ品

 一見ピーナッツバター?されど・・・パンに塗ってたべるそれと思いつつ、製造者の金馬さんは小麦アレルギーでパンがたべられない。そこでお餅に塗ってたべて美味しい!という。そこでアンコメの玄米もちをオー...

>続きを読む

てがき版ankome通信

 全国的にみれば比較的暖かいとされる静岡も、1~2月はやっぱり寒い。お昼に炊飯するお米(白米)を2時間浸漬しても満足いく吸水にはもう少し時間がほしいところ。浸漬時間が含まれた炊飯器のプログラムでも寒いこ...

>続きを読む

How to Order

お電話、ファクス、インターネットで。
静岡、清水市内(一部地域を除く)でお米5キロ以上もしく¥2000以上であれば当日または指定日無料宅配いたします。
上記エリア以外の地域はヤマト宅急便にて発送いたします。