キャプション 巨大胚芽米カミアカリ 奥久慈
ようこそ「ankome通信」へ。このサイトは安東米店・通称アンコメの今を知ってもらおうと発信しているサイトです。

もっと詳しく...

更新情報

アンコメ米作りプロジェクト

 少し前に田植えしたかと思ったら、もう稲刈りも終盤。毎年のことながら、あっという間にこの季節はやってくる。これまで順調に生長してきたことに安堵しつつ、収穫するまでは本当の安心はやって来ない・・・案...

>続きを読む

スイハニング事業部

 これは、2022年長野県伊那市長谷中尾集落にある再生された古民家につくったご飯炊き専用竈「長谷の竈」の製作記です。_長谷の竈は2022年4月10日、ほぼ一年をかけ無事完成した。「この竈は、まさに専門集団の総合...

>続きを読む

米屋のいい訳

 アンコメのような商店や農家のほとんどは家族経営である。大企業のように毎年新人社員が入社し、日々新陳代謝するそれとは違い、家族経営の事業所にとっての代替わりは、20~30年に一度やってくる大イベント。...

>続きを読む

今ならコレがオススメ!

 アンコメの新米はこのお米からスタートするのが毎年恒例です。静岡県の西部遠州地域、周智郡森町の堀内さんが栽培する早生のお米「コシヒカリ」です。令和4年産は、夏真っ盛りの7月中旬から8月中旬の登熟(成熟...

>続きを読む

アンコメの祝い米

 二人とは彼らが学生の頃から知っている。最初は二人が所属する大学の研究室の先生、仲間たちとやって来た。私はそれが何だかとてもうれしくて、質問の答え以上に自分の活動や研究について夢中で喋った。二人は...

>続きを読む

カミアカリドリーム

 2022秋のカミアカリドリーム勉強会を2022年11月3日(文化の日)に行う運びとなりました。今回は過去最大7生産地+1(某ラボ)計8種の新米カミアカリを一同に集め、試食を行います。また久しぶりに講座も復活すること...

>続きを読む

いま旬!オススメ品

 アンコメのお正月のおもち、今シーズンもご予約承ります!原料玄米は特別栽培米「宮城栗原一迫みやこがねもち」、食感は絹のようになめらかで、粘りと伸びは絵に描くよう、そしてなんと言っても風味の良さ、最...

>続きを読む

てがき版ankome通信

 令和四年産新米シーズンがいよいよ到来です。アンコメのスタートは、毎年ちょっとゆっくりめですが、8月22日静岡県周智郡森町堀内さんのコシヒカリから始まりました。この後、9月に入ると松下さんの有機米で玄...

>続きを読む

How to Order

お電話、ファクス、インターネットで。
静岡、清水市内(一部地域を除く)でお米5キロ以上もしく¥2000以上であれば当日または指定日無料宅配いたします。
上記エリア以外の地域はヤマト宅急便にて発送いたします。