キャプション 巨大胚芽米カミアカリ 奥久慈
ようこそ「ankome通信」へ。このサイトは安東米店・通称アンコメの今を知ってもらおうと発信しているサイトです。

もっと詳しく...

更新情報

アンコメ米作りプロジェクト

 令和5年、かつてないほどの夏の暑さが日本を襲った。8月初旬、カミアカリドリーム勉強会で福島県猪苗代町へ訪ねた日、福島県内各地の最高気温は38℃という天気予報であった。猪苗代町は標高500メートルだから、...

>続きを読む

スイハニング事業部

 焼津市にある老舗の鮪佃煮屋「寺岡銈吉商店」さんとのコラボ企画で、羽釜と薪燃料による直火炊きスイハニングのワークショップを新米が出揃った11月11日(土)に開催します。炊飯器ではなかなか再現できない風味豊...

>続きを読む

米屋のいい訳

 この度は令和5年産巨大胚芽米カミアカリを多数ご注文いただきまして誠にありがとうございます。今回あまりに注文数が多いため、いったん販売中止にします。再開の際は、改めてよろしくお願いいたします。すで...

>続きを読む

今ならコレがオススメ!

 8月下旬から入荷がはじまった令和5年産新米シーズン、11月下旬になった今、ほぼ出揃ってきたので、これまでの雑感をちょっぴり。ご存知のとおり、令和5年の猛暑は観測史上最高(私のPCは「か」と入力するだけで...

>続きを読む

アンコメの祝い米

 コットン袋で作るアンコメの祝い米、おかげさまでアンコメのお米ギフトのロングセラーとなっています。その祝い米のリリースから約20年の今年2023年、新しいラインナップが加わります。それが草木染作家「みのり...

>続きを読む

カミアカリドリーム

 カミアカリドリーム勉強会の新企画「ごみばことめがね」始めます!「ごみばことめがね」とは、お米ライターで勉強会のメンバーの柏木智帆さんの持ち込み企画で「思い込みなんかゴミ箱に捨てちまえ!メガネをか...

>続きを読む

いま旬!オススメ品

 アンコメのお正月のおもち、今シーズンもご予約承ります!原料玄米は「宮城県大崎古川産みやこがねもち」、食感は絹のようになめらかで、粘りと伸びは絵に描くよう、そしてなんと言っても風味の良さ、最高の出...

>続きを読む

てがき版ankome通信

玄米食専用品種カミアカリが世に出てから17年が経ちました。2006年わずか7俵(約400キロ)、まだ実験栽培の域を超えてない、たった一枚の田んぼで栽培されたこの米を、世界で初めて販売したのがアンコメでした。17年後...

>続きを読む

How to Order

お電話、ファクス、インターネットで。
静岡、清水市内(一部地域を除く)でお米5キロ以上もしく¥2000以上であれば当日または指定日無料宅配いたします。
上記エリア以外の地域はヤマト宅急便にて発送いたします。