TOP  >  ankome通信  >  いま旬!オススメ品  >  てがき版ankome通信
アンコメ的 米考 スイハニングのススメ 白飯編
アンコメ的 米考 スイハニングのススメ 白飯編 新型コロナのせいでお家にいる機会が増えましたね。そんな時こそスイハニングがオススメ!(スイハニング=炊飯ing)お家にある鍋釜を使ってご飯炊きを楽しんではいかが?①お米は洗米したら2時間水に浸す②浸した米を鍋釜を入れ、お米よりやや多めの水を投入(正確には水加減の算出方法:水を吸った米の正味の重さ×90%の重さの水)③点火(IHも同じ)したら10分...
2020年03月20日 [ 165hit ]
アンコメ的 米考 新世代
アンコメ的 米考 新世代 令和元年産が出揃ったのは例年よりも遅い昨年12月でした。遅かったは各地コシヒカリの出来が思わしくなかったためです。その一方で個性的な新品種の台頭もあり、これまでのコシヒカリ一辺倒だった勢力地図が少しかわりそうな予感もしています。予想のつかない気候変動にもへこたれず様々な栽培方法にも対応できる、そんな新世代が目立つラインナップになっていま...
2020年02月24日 [ 162hit ]
アンコメ的、米考。寒い日には
アンコメ的、米考。寒い日には 全国的にみれば比較的暖かいとされる静岡も、1~2月はやっぱり寒い。お昼に炊飯するお米(白米)を2時間浸漬しても満足いく吸水にはもう少し時間がほしいところ。浸漬時間が含まれた炊飯器のプログラムでも寒いこの時期はしっかり浸漬したほうが断然美味しく仕上がります。土鍋や鍋でフルマニュアルでスイハニング(炊く)する方は、必ず2時間以上浸水してね。今ならコ...
2019年01月21日 [ 1597hit ]
アンコメ的 米考 お正月のお餅
アンコメ的 米考 お正月のお餅 今年も1年の締めくくりお正月のお餅のご注文を承る時期がやって来ました。稲作をはじめ農作物栽培にとって2018年はとても厳しい年でした。高温と台風によって品質の低下どころか全滅した品種もありました。そんな中でも生産家たちの努力で立派に育った稲も多く、何とか新米シーズンを迎えることができました。今回使用するもち米もそのひとつです。宮城岩出山で栽...
2018年12月03日 [ 1376hit ]
アンコメ的、米考。サテライト販売中
アンコメ的、米考。サテライト販売中 アンコメのお米を買うことのできる店ができました。一軒は清水区にあるエスパルスドリームプラザの中にある「みのり市場」。地元の食材をテーマにした市場なのでアンコメ自慢の静岡県産米(コシヒカリ、きぬむすめ、にこまる、カミアカリ、もち米の葵美人)を販売しています。もう一軒は東京は吉祥寺「クロワッサンの店」東急吉祥寺店です。こちらではカミアカリな...
2018年09月14日 [ 1467hit ]
アンコメ的、米考。暑い夏の三十年産
アンコメ的、米考。暑い夏の三十年産 30年産新米シーズンがスタートしました。今年はご存じのとおりの猛暑酷暑の日々、静岡でも40℃に迫る高温に多くの生産者が対策に苦労しています。地域によっては大きな影響を受けているところもあれば、そうでないところも。。。全貌がわかるまではまだ時間が掛りそうですが、こういう年は生産者の技の差の出る年、例年以上に慎重に吟味しながらオススメ米をライ...
2018年09月01日 [ 1163hit ]
アンコメ的、米考。 夏のギフト
アンコメ的、米考。 夏のギフト 7月に入ると夏のギフトのご注文をいただく。アンコメではピークが終わる頃、僕らが第二波と呼ぶご注文がなぜか多い。「予想外のいただきものに追加で贈り物を送りたい・・・」ということなのかな?お米のギフトは、「アンコメの祝い米」のような凝ったパッケージもあるが、できるだけお待たせしないでお持ち帰りのできる簡単なパッケージが人気。その場で精米し...
2018年06月29日 [ 1184hit ]
アンコメ的、米考。 お米の保存
アンコメ的、米考。 お米の保存 梅雨が始まりました。ジメジメシトシト嫌な時期です。この時期から夏にかけてお米の保管にひと工夫をオススメしたい時期でもあります。①密閉容器に入れる。虫の侵入やカビの発生を防ぐのに効果的!②密閉容器に入れたまま冷蔵庫へお米の味を守るには最強の方法です!③空のペットボトルでも代用できます。入る分のお米を入れて、入らなかったお米から食べまし...
2018年06月06日 [ 1681hit ]
アンコメ的、米考。 稲と人
アンコメ的、米考。 稲と人 大型連休、早いところでは田植えが始まっているところもあるけれど、アンコメが関わっている生産者の多くは苗づくりが忙しい。種まきをしてから約2週間、ちょうど3枚目の葉っぱが出る頃だろうか。苗は2枚目の葉っぱまでは自前(米粒)エネルギーで生長するが、3枚目からはエネルギーを根から吸収して生長していく。早くも3枚目から自力というわけだ。とはいえ、野生...
2018年05月10日 [ 1464hit ]
こんにちはアンコメです。
こんにちはアンコメです。 こんにちはアンコメⓇです。総務省家計調査によれば静岡市は一世帯あたり全国で価値ある(年間消費金額31640円/世帯)お米をたくさん(年間消費量87.11キロ/世帯)食べている市だそうです。(1位浜松市、2位静岡市、以下新潟市、札幌市、2014~2016年平均)そんなお米大好き人間がいる町だからこそ、専門性を活かした店づくりができるはず!そんな思いから「田んぼからお茶碗ま...
2018年03月29日 [ 1812hit ]
1 - 10 件目 ( 77 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 8