TOP  >  ankome通信
ankome通信
アンコメ的 米考 スイハニングのススメ 白飯編
アンコメ的 米考 スイハニングのススメ 白飯編 新型コロナのせいでお家にいる機会が増えましたね。そんな時こそスイハニングがオススメ!(スイハニング=炊飯ing)お家にある鍋釜を使ってご飯炊きを楽しんではいかが?①お米は洗米したら2時間水に浸す②浸した米を鍋釜を入れ、お米よりやや多めの水を投入(正確には水加減の算出方法:水を吸った米の正味の重さ×90%の重さの水)③点火(IHも同じ)したら10分...
2020年03月20日 [ 128hit ]
愛され続けている理由
愛され続けている理由 アンコメの祝い米の定番スタイルです。コットン製のオリジナル米袋(アンコメ米バッグ)に米型メッセージタグを付けたこのスタイルが長年愛されて続けています。一見地味ですが、ひとつひとつが手造りされたものたちの集合体。ゆえに、ひとつとして同じものができない。そこが愛され続けている理由です。今回お作りしたのはご出産の内祝い(赤ちゃん体重米)。...
2020年03月14日 [ 116hit ]
スイハニングレッスン@島田
スイハニングレッスン@島田 毎年3月のお彼岸頃、静岡県島田市で行っている百人規模のスイハニングが今年はキャンセルになってしましった。原因は新型コロナウイルス感染予防のためのイベント開催自粛のためである。(参加予定されていた皆様、来年また元気にスイハニングしましょうね)偶然同じ島田市で古い民家を別荘のようにして利用している知人から、釜戸でご飯炊きを指南してほしいと...
2020年03月08日 [ 133hit ]
そろそろ創業100年なのか?
そろそろ創業100年なのか? アンコメの前身は大正年間に静岡市内浅間町で専業の米屋でなく兄弟で営む商い一部として始まったようです。その後、昭和になった頃、二代目軍平が賎機山に登り眼下に見える安東で新たに店を出す決意したという。そして現在の地で「清水屋米店」を開店します。戦中戦後は安東地区の配給所「静岡米穀企業組合安東販売所」の名称となり昭和27年以降より「企業組合安...
2020年02月24日 [ 224hit ]
ワークショップ、その後に
ワークショップ、その後に 「毎日、測りでお米を量り、2時間浸水したあと、その重さ量り、電卓で計算して水を入れて、10分にタイマーを仕掛けて、その10分の間に、長坂さんの言っていた曲線になるように出来るだけ努めて、その間一回混ぜないといけないし、煮たり焼いたり蒸したり、白米だからとても忙しくて、そしてね、確かに、習う前より、お米が美味しく炊けるようになりましたよ。...
2020年02月24日 [ 263hit ]
アーモンド入り玄米もち
アーモンド入り玄米もち アンコメ人気のオリジナル玄米もち。それが「アーモンド入り玄米もち」です!あえて粒感を残した半殺し状態の玄米もちの仕上げ直前にアーモンドを投入、玄米とアーモンドが活きたワイルド感のある食感に仕上げました。食べる時はオーブントースターなどで炙り、少し膨らんだ頃にいただきます。シンプルに塩少々を振りかけていただくもよし、それにオリーブオイ...
2020年02月24日 [ 124hit ]
アンコメ的 米考 新世代
アンコメ的 米考 新世代 令和元年産が出揃ったのは例年よりも遅い昨年12月でした。遅かったは各地コシヒカリの出来が思わしくなかったためです。その一方で個性的な新品種の台頭もあり、これまでのコシヒカリ一辺倒だった勢力地図が少しかわりそうな予感もしています。予想のつかない気候変動にもへこたれず様々な栽培方法にも対応できる、そんな新世代が目立つラインナップになっていま...
2020年02月24日 [ 138hit ]
ストーブリーグ
ストーブリーグ 一年のうちでいちばん寒いこの時期、そろそろ今シーズンの作付に向け計画を始める頃。1月は新年会くらいでしか会わなかった松下にも2月に入ったとたん顔を合わせる回数が増えた。この回数と倉庫の令和元年産在庫の減り具合は見事にシンクロしているから面白い。減れば減るほど顔を合わせる機会が増えるのだ。顔を合わせれば決まって宿題の問題解決会議となる。今...
2020年02月15日 [ 254hit ]
お正月のおもち【ご予約2019】
お正月のおもち【ご予約2019】 アンコメのお餅、今シーズンは2種類で作ります!特別栽培米「宮城登米石越みやこがねもち」と有機JAS「福島会津喜多方菅井こがねもち」です。これらのもち米でつくるお餅は、食感が絹のようになめらかで、粘りと伸びは絵に描くよう、そしてなんと言っても風味の良さ、最高の出来栄えです。今シーズンも白いお餅と玄米もちの2種あります!ぜひ味わってください!※...
2019年12月01日 [ 726hit ]
手で一枚一枚、描いてみた。
手で一枚一枚、描いてみた。 令和元年の秋、地元テレビ局から巨大胚芽米カミアカリと松下さんとアンコメの有機米プロジェクトをテーマに取材があった。その番組の視聴者プレゼント用につくったスペシャルパッケージです。巨大胚芽米カミアカリ5キロ+松下×安米プロジェクト米きぬむすめ5キロを10セットという豪華仕様だったこともあり、以前から考えていたデザインを試みてみた。しかもす...
2019年11月17日 [ 577hit ]
1 - 10 件目 ( 1326 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 133