TOP  >  ankome通信  >  今ならコレがオススメ!


静岡の「にこまる」2種
静岡の「にこまる」2種 思えばアンコメで「にこまる」を作付を計画し販売を開始したのは2011年。東日本大震災のあった年だった。スタートは静岡県藤枝市の有機米生産者松下さんと企画、栽培している松下×安米プロジェクト米「ヒノヒカリ」の後継品種として栽培を開始した。翌年、静岡県西部の周智郡森町堀内さんでも作付が本格化し、それ以降アンコメが販売する静岡県産米の主軸品種...
2019年03月08日 [ 148hit ]
新潟妙高山下農場コシヒカリ
新潟妙高山下農場コシヒカリ 2016年の夏、偶然と偶然が重なり出会った生産者、それが新潟県妙高市の山下さんだ。その年以来、彼は収穫した米を試食してほしいと送ってくるようになった。それをスタッフみんなで試食した後、簡単なレポートを彼に送っている。詳しい事情はあえて聞かぬが、ちょうど出会った頃に先代から引き継いだ稲作を、再度見つめ直していたようだ。その時にアンコメ米作り...
2018年05月08日 [ 1151hit ]
直球ド真ん中ストライク。
直球ド真ん中ストライク。 いちばん美味しいお米ってどれ?(白飯で)こんな直球質問を時々いただくことが時々ありますが、そもそも美味しい米に一番二番はないと思いあれやこれや考えているのがアンコメイズム。そんなアンコメでも「これは!」と感じるお米はあります。つまり多くの方にとってのストライクゾーン、その直球ド真ん中なお米の存在。それを「一番」とあえて定義付ければ、たし...
2017年11月18日 [ 1363hit ]
新米29年産、キックオフ!
新米29年産、キックオフ! 早いもので今年も新米シーズン到来です。気の早い新米はお盆休み前にはすでに販売しているところもありますが、近年アンコメでは静岡森町堀内さんのコシヒカリからスタートすることにしています。そんなわけで今年、29年産もこのお米からキックオフです。「米屋のいい訳:水田徘徊」レポートでもご紹介したとおり、曇天続きの今夏、例年8月のお盆中に稲刈りをす...
2017年08月29日 [ 1286hit ]
ブレンド再考 店主ノ自慢に
ブレンド再考 店主ノ自慢に  アンコメの得意科目はお米の一本釣り。田んぼへ行き、生産者と会い、作りを知り、出来映えに惚れて仕入れること・・・。いっぽう不得意科目もあるんです。それはブレンド。2種以上のお米をブレンドして単品では出ない食味を引き出すこと。じつはこのブレンドをもう一度考え直し作ってみました。2種以上を混ぜると絵具のように鮮やかさが鈍る。けれど紫色のよう...
2017年07月01日 [ 1147hit ]
オススメベスト3!
オススメベスト3! 毎年アンコメに予定していたすべてのお米が入荷した後、どのお米が一番オススメかを選ぶ季節が今です。毎日スタッフ全員で白米と玄米で同時に試食しそれぞれのお米が持つ本当の実力を探りベスト3を選ぶのです。28年産では、この3種を選んでみました。【有機JAS】福島会津喜多方熱塩加納町菅井さんの「夢ごごち」お米の持つ風味の豊かさ、低アミロース米でありなが...
2017年02月04日 [ 1939hit ]
長野佐久五郎兵衛新田、黒田さんのコシヒカリ
長野佐久五郎兵衛新田、黒田さんのコシヒカリ 長野県佐久市、江戸時代の初期から伝わる五郎兵衛新田の若手稲作農家、黒田祐樹さんの米。新規就農して6年、アンコメが関わるようになって3作目、魅力的なお米が生まれています。アンコメにとって佐久は思い出深い土地。店主がまだ駆け出しの頃、佐久市や隣接する望月町のお米をよく仕入れた。新潟や福島の美味しい米、北陸地方の美味しい米、北関東の美味しい米...
2016年10月17日 [ 1962hit ]
新米28年産キックオフ!
新米28年産キックオフ! オリンピックで盛り上がってるその時、アンコメの28年産新米が入荷した。8月10日から稲刈りだよ・・・という、かつてない早い収穫の様子を生産者の堀内さん(静岡県周智郡森町)の電話で驚いた。お米の入荷がお盆休み明けの8月18日、その日がアンコメの28年産新米販売キックオフとなった。心配するのが仕事とはいえ、今年はぜんぜん心配しないままこの日を迎えた。い...
2016年08月26日 [ 1348hit ]
玄米deたべたいお米。
玄米deたべたいお米。  最近、玄米食を始めたいというお客様のご来店が多い。そんなお客様から「様々なお店やネットを彷徨った末にアンコメを見つけた!」と言っていただくことがある。そんな声を聞くと、この15年玄米でたべることを想定して栽培から企画していた仕事が評価していただいたようで、とてもうれしく思います。さて今回は、そんなお客様がご来店された時にオススメするお...
2016年04月07日 [ 2252hit ]
話題の品種
話題の品種ここ何年かで全国から様々な新品種がデビューし、コシヒカリ一辺倒の時代から米品種の勢力地図が変わりつつある。群雄割拠・・・大げさながらそうも言えなくもない昨今米事情である。そんな中、この2品種はそういう時代にあってスター性を持った品種である。青森県 青天の霹靂北海道 ゆめぴりか遅ればせながら、アンコメにも入荷しています。はなしのタネにぜひどう...
2016年02月18日 [ 2113hit ]
1 - 10 件目 ( 31 件中)   前 1 2 3 4