TOP  >  ankome通信  >  スイハニング事業部
スイハニング事業部
スイハニング®とは炊飯+ing、つまりご飯炊きのこと。
 
「田んぼからお茶碗まで」アンコメはこれまで「稲・米・飯」その流れとしての米屋のありかたを模索してきました。一粒の種籾が米となり最後にご飯となってお茶碗に盛られる。その最終工程であるご飯炊き、その良し悪しが米の美味しさに大きく影響することは言うまでもありません。ゆえにアンコメでは炊飯について日々実践研究を続けてきました。そこで感じた炊飯の奥深さ、面白さを、いつしかできるだけ多くの方と共有したいと考えるようになりました。語れば小難しい炊飯技術を「できるだけ簡単に、できるだけやわらかく伝えられたら・・・」そんな思いが「スイハニング®」という言葉を産み、以来、様々な場所、様々な人たちとスイハニングを実践してきました。その活動は講座やワークショップのみならず、米の販売プロモーション、飲食店での技術提案、大学での講義、アートイベントなどなど、興味を持った方々がスイハニングを様々な角度から考え、活用していただけるようになりました。近年では海外へも出かけるようになりスイハニングの活動範囲はさらに広がりを見せています。
 
◎スイハニング事業部はこんな活動をしています。
 
土鍋や羽釜などアナログ的炊飯方法の実践研究または技術指導
講座やワークショップ企画開催
米のプロモーションや試食等のサポート
飲食店の炊飯方法の提案や技術指導
*スイハニング活動事例はこのコンテンツの過去のブログをご覧ください。
 
◎スイハニング事業部の主な装備品
 
羽釜×6釜
炊飯土鍋×10器
土羽釜×1器
鋳物鍋×5器
台付甕型アルミ器×1
蒸し竈×1
移動式簡易釜戸×5
高カロリーカセットコンロ
 
◎スイハニング事業部への活動依頼、相談、お問い合わせは、
アンコメ安東米店(担当:長坂)までお気軽にご連絡ください。
 
電話 054-245-1331
ファックス 054-247-7737
Eメール(info@ankome.com)
 
*スイハニング®は安東米店の登録商標です。
スイハニングワークショップinオクシズ
スイハニングワークショップinオクシズ 来る4月14日オクシズ平野にあるこぐまプレイスで開催する「食楽遊ワンダーピクニックinオクシズ」でスイハニング(炊飯ing:薪と羽釜でご飯炊き)やります。ご家族、カップル、お友達同士で、火加減自在のマニュアル炊飯体験をしたい方は、ふるってご参加ください。今回は焼津市にある、まぐろ佃煮づくりの老舗「寺岡銈吉商店」さんとのコラボ、なんと釜戸直火と秘伝の...
2024年03月25日 [ 284hit ]
スイハニング(炊飯ing)ワークショップ【参加者募集】
スイハニング(炊飯ing)ワークショップ【参加者募集】 焼津市にある老舗の鮪佃煮屋「寺岡銈吉商店」さんとのコラボ企画で、羽釜と薪燃料による直火炊きスイハニングのワークショップを新米が出揃った11月11日(土)に開催します。炊飯器ではなかなか再現できない風味豊かな本物のご飯をご自身で炊いてみませんか?スイハニスト(炊飯する人)でもあるアンコメ店主がバッチリ指南しますよ!もちろん炊きあがったご飯は、寺岡...
2023年11月02日 [ 271hit ]
玄米カミアカリを炊くワークショップ
玄米カミアカリを炊くワークショップ 新米シーズン到来と共にスイハニング(炊飯ing)ワークショップも各地で開催する予定!まずは9月16日静岡市葵区紺屋町クロワッサンの店静岡店2Fパブリックマルシェからキックオフです。今回は新米収穫したばかりの玄米食専用品種「巨大胚芽米カミアカリ」をスイハニングするワークショップです。土鍋による玄米炊飯を体験したい方は、ふるってご参加ください。当日...
2023年09月10日 [ 496hit ]
炊飯ワークショップ募集【小学生対象】
炊飯ワークショップ募集【小学生対象】 来る7月15日(土)小学生対象のスイハニング(炊飯ing)ワークショップを静岡市葵区瀬名にある西奈生涯学習センターで行います。土鍋を使った炊飯体験とお米そのものを色んな角度から考えていくプログラムです。たった8名の少数精鋭だから、体験したあとはお米がもっと好きになり、ウンチクを語れる小学生になれるはず!ふるってご参加ください!会場;西奈生涯学習セン...
2023年07月05日 [ 586hit ]
GAKKO PROJECT in 南伊豆【参加者募集】
GAKKO PROJECT in 南伊豆【参加者募集】 三年ぶりようやく本格的に戻ってきたスイハニング行脚。来る7月2日、伊豆半島をテーマに活動するGAKKOPROJECTへ羽釜担いで馳せ参じます!今回は玄米食専用品種巨大胚芽米カミアカリを南伊豆で栽培する中村さんと、彼の師匠でもありカミアカリの育成者でもある松下さんとのトークイベントにて昼飯係を兼ねてスイハニングをいたします。羽釜と薪燃料によるもっともプリ...
2023年06月17日 [ 265hit ]
段取り八分
段取り八分 薪の準備さえ、しっかりしておけば、本番は慌てないよ・・・。薪燃料を用い羽釜で炊いたご飯が自慢のお店、その店の飯炊き担当者が交代するにあたり、技術指南として現場へ赴く。聞けば、思い通りの食感にならず苦労をしているという。現場に入りすぐに気づいたのが、薪の下準備。必要とされる細さ(ざっと3サイズくらい)の薪のストックが少なすぎる。薪は細け...
2023年03月13日 [ 446hit ]
長谷の竈 製作記(最終回)
長谷の竈 製作記(最終回) これは、2022年長野県伊那市長谷中尾集落にある再生された古民家につくったご飯炊き専用竈「長谷の竈」の製作記です。_長谷の竈は2022年4月10日、ほぼ一年をかけ無事完成した。「この竈は、まさに専門集団の総合力の賜物ですね・・・」完成後、施主の出口さんが言ったとおり、それぞれでの分野の専門家(あるいは変人)の総力で生まれたようなものだった。ご飯炊き...
2022年05月21日 [ 1100hit ]
長谷の竈 製作記(9)
長谷の竈 製作記(9) これは、2022年長野県伊那市長谷中尾集落にある再生された古民家につくったご飯炊き専用竈「長谷の竈」の製作記です。_昼飯はWakkaagriのスタッフFさんがパスタを作ってくれた。この農業法人で作られるお米でつくったパスタに、たっぷりのミートソース。オジサンたちの腹をみるみるうちに満たされていく。食後のコーヒーをいただく頃には眠気がやってきて、しばし無...
2022年05月20日 [ 762hit ]
長谷の竈 製作記(8)
長谷の竈 製作記(8) これは、2022年長野県伊那市長谷中尾集落にある再生された古民家につくったご飯炊き専用竈「長谷の竈」の製作記です。_2022年4月9日、ついに現場での最終製作の日がやってきた。当初、小谷氏の見積もりでは現場製作には3日は掛かると想定していた。しかし実際に作業できる時間は一日足りない2日。そこで小谷氏は当日までに作業工程に一切無駄な時間が発生しないよ...
2022年05月19日 [ 677hit ]
長谷の竈 製作記(7)
長谷の竈 製作記(7) これは、2022年長野県伊那市長谷中尾集落にある再生された古民家につくったご飯炊き専用竈「長谷の竈」の製作記です。_12月に入り制作も後半戦。ここからはいよいよ本格的な未知の領域となる。長谷の竈は大きく分けて土台部、釜戸本体部、蛇紋岩石組み部、これら3つパーツで構成されている。土台と釜戸本体は図面に則って小谷氏が製作した。しかし、ここからは図...
2022年05月17日 [ 707hit ]
1 - 10 件目 ( 87 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 9