TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト
imageアンコメ米作りプロジェクト2018

2001年から始めた有機栽培による米作りの仕事を「アンコメ米作りプロジェクト」と呼んでいます。
その仕事の中心が、藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんとの試行錯誤です。

我々が目指すのは、「らしさの追求」。
どこかにある米を目指すのではなく、足元にあるモノ。ここにしかないモノ。ここでしかできないコト。
いわば我々らしさ、ここでしか生まれないオリジナルへの探求です。

ここで培われた経験は稲をどう捉えるか?稲の種子である米をどう捉えるか?その米を食べる僕らはどう生きるか?
つまり土地と稲と人とのつながりを考える上で、たいへん重要なメッセージ伝えてくれています。
このコンテンツでは、そういった田圃と松下、そしてアンコメ(安東米店)の試行錯誤の日々
田圃からお茶碗までを巡る思索の旅をレポートしていきます。

関係者プロフィール

松下明弘(まつした・あきひろ)

1963年生まれ、81年藤枝北高卒業。88090年の2年間青年海外協力隊に参加、 東アフリカのエチオピアで野菜の栽培指導を行う。 帰国後、父親の他界を機に専業農家となり実家の圃場で有機無農薬栽培による米栽培をはじめ現在に至る。 2001年JAS有機認証を取得。 巨大胚芽米カミアカリ(2008年3月6日品種登録)の生みの親でもある。松下明弘

長坂潔曉(ながさか・きよあき)

1963年生まれ、88年武蔵野美術大学卒業。90年家業の安東米店に入店。 97年松下明弘さんとの出会いから「田圃からお茶碗まで」というテーマで米を捉えるようになる。 以降、栽培0販売0炊飯までのすべてを視野に入れた米屋のあり方を模索している。 2004年五ッ星お米マイスターを取得。 2007年巨大胚芽米カミアカリのための勉強会カミアカリドリームの代表を務める。長坂潔曉
2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 |
3月30日号 2009年初日、捉えたいもの。
3月30日号 2009年初日、捉えたいもの。 これは松下の寝床ではない。自家製有機肥料製造のベッドである。このダブルベッドサイズのプールの中に糠、魚かす、菜種、鶏糞が松下レシピでブレンドされ複合菌類によってゆっくり発酵していく。今年は気温が思いのほか低いため、電熱ヒーターで少しだけ暖めている。これを何セットも繰り返して作る。出来上がった肥料は元肥として田圃に撒くものと、追肥用に樽に...
2009年03月30日 [ 2670hit ]
3月30日号 ありのまま を、伝える。
3月30日号 ありのまま を、伝える。  2008年、今年になってから田圃へ行くのは意外にも今日が初めてだった。毎年この日を迎えるにあたって「今シーズンは何をテーマにコトにあたろうか?」と悩む。それは、どんな記事を書こうかということでなく、どんな視点で写真を撮るか?の方だ。じつは今年のテーマはもうすでに決めていた。というより一昨年、昨年とずっと実行しようと試みたができなかったこと。...
2008年01月28日 [ 2579hit ]
4月14日号 有機肥料原料の調達。
4月14日号 有機肥料原料の調達。  「糠(ぬか)を貯めておいてくれ・・・」毎年この時期になると松下から電話連絡が入る。今年栽培に必要とされる肥料原料をこの時期調達し、独自のレシピで有機発酵肥料(ぼかし)を自ら作るのだ。今年もまたその季節がやってきたのだ。ところが今年はどうも例年とは様子が違うという。「なたねの値段が高騰しているんだ・・・それと糠の集まりが悪い・・・」今年...
2008年01月28日 [ 2644hit ]
4月27日号 ここから生まれる米がある。
4月27日号 ここから生まれる米がある。  日曜日ふと思い立って田圃へ向かった。それはもうそろそろ最初の種まきをやっている頃だと思ったからだ。行ってみるとビンゴ!正解だった。朝から種まきを始めちょうど今、整地された苗場に種を撒いたパレットを一枚一枚並べ、その上から銀色のシートをトンネル状に被せる作業をしているところだった。苗場は毎年完璧に平らに整地する。贔屓目に言えば枯山水的な...
2008年01月28日 [ 2556hit ]
4月29日号 家畜化していない米の味。
4月29日号 家畜化していない米の味。  今日は雑誌の取材があった。滋賀から2人、東京から2人、編集者とその担当ライターのチームである。集合時間の9時には全員安東米店の事務所に揃い、依頼されていたお米のレクチャー&土鍋炊飯を披露したのである。講座でいつもやっているクイズ形式のレクチャーがひとしきり終わった後、炊飯土鍋で飯を炊いた。炊いたお米は、やはり当店のフラッグシップ米、松下&time...
2008年01月28日 [ 2532hit ]
6月9日号 それでも化石エネルギーに頼るのは。
6月9日号 それでも化石エネルギーに頼るのは。  有機農業という言葉の響きの中には「自然な農業?」、あるいは「地球にやさしい?」なんてイメージを持つ人もいるだろう。まあ、かつて何も知らなかった私だってそういうイメージを持っていたけれど。石油の価格が上昇している。今日、車にガソリンを入れたらリッター170円だった。世界を一瞬のうちに駆け巡るマネーの仕業?需要と供給のアンバランス?様々な要素...
2008年01月28日 [ 2512hit ]
6月15日号 田植えは始まりの終わり。
6月15日号 田植えは始まりの終わり。  小笠山にトレッキングに行った帰り、六合駅で途中下車して田圃へ寄ってみた。作業小屋に近づくにつれFMと思われるラジオの音が聞こえてきた。「いるな・・・」ヤツが仕事していることが道を隔て、姿が見えないところからもわかった。一部の苗で下葉が枯れるほど生長スピードが速まった。辛いことだが、その分をすべて作り直すこととなった。畔に積み上げられた...
2008年01月28日 [ 2438hit ]
7月6日号 水棲生物観察会
7月6日号 水棲生物観察会  見る見るうちに晴れていく、天気予報では曇りのち雨だったはずなのに、朝7時半藤枝へ向かうバイパス上の空は所々青空が見え始めた。たまたま車のCDに入っていたJames Taylorが天気と相まって気分を高揚させる。「今日はいい日になりそうだ・・・」参加者は約40名、予想していたよりも多いエントリーだった。その多くは若い世代のファミリー層が中心、おなかに初めて...
2008年01月28日 [ 2699hit ]
7月27日号 プール、稲妻、出穂。
7月27日号 プール、稲妻、出穂。  今日は午前中から30度を超える暑さである。いつもなら扇風機だけで眠りにつける三階の寝床も、夕べはあまりの暑さについにエアコンのお世話になった。そういう日が日曜日である場合、決まって我が家の3匹のガキどもは朝から「プール!プール!」の大合唱となる。早速、店の裏手にリクエストどおりプールを設え、午前中はそこで水遊びとなった。彼らがそろそろ飽き...
2008年01月28日 [ 2832hit ]
9月1日号 魔法の杖。
9月1日号 魔法の杖。  ニッポンに水田稲作が導入されてどれくらい経つのだろうか?それに関する文献を読むと、こう書いてあった。「日本に水田稲作が渡来したのはおよそ2500年前ないしは3000年前ほどのことと考えられる・・・」友人が国会図書館土産と称して買ってきてくれた「世界史年表・地図」と照らし合わせ見てみると、この時代は縄文晩期に属していることがわかる。と言っても、現在...
2008年01月28日 [ 3121hit ]
121 - 130 件目 ( 246 件中)    1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ... 25