TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト
imageアンコメ米作りプロジェクト2018

2001年から始めた有機栽培による米作りの仕事を「アンコメ米作りプロジェクト」と呼んでいます。
その仕事の中心が、藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんとの試行錯誤です。

我々が目指すのは、「らしさの追求」。
どこかにある米を目指すのではなく、足元にあるモノ。ここにしかないモノ。ここでしかできないコト。
いわば我々らしさ、ここでしか生まれないオリジナルへの探求です。

ここで培われた経験は稲をどう捉えるか?稲の種子である米をどう捉えるか?その米を食べる僕らはどう生きるか?
つまり土地と稲と人とのつながりを考える上で、たいへん重要なメッセージ伝えてくれています。
このコンテンツでは、そういった田圃と松下、そしてアンコメ(安東米店)の試行錯誤の日々
田圃からお茶碗までを巡る思索の旅をレポートしていきます。

関係者プロフィール

松下明弘(まつした・あきひろ)

1963年生まれ、81年藤枝北高卒業。88090年の2年間青年海外協力隊に参加、 東アフリカのエチオピアで野菜の栽培指導を行う。 帰国後、父親の他界を機に専業農家となり実家の圃場で有機無農薬栽培による米栽培をはじめ現在に至る。 2001年JAS有機認証を取得。 巨大胚芽米カミアカリ(2008年3月6日品種登録)の生みの親でもある。松下明弘

長坂潔曉(ながさか・きよあき)

1963年生まれ、88年武蔵野美術大学卒業。90年家業の安東米店に入店。 97年松下明弘さんとの出会いから「田圃からお茶碗まで」というテーマで米を捉えるようになる。 以降、栽培0販売0炊飯までのすべてを視野に入れた米屋のあり方を模索している。 2004年五ッ星お米マイスターを取得。 2007年巨大胚芽米カミアカリのための勉強会カミアカリドリームの代表を務める。長坂潔曉
2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 |
9月11日号 ついに悲願の稲刈り体験会の巻
9月11日号 ついに悲願の稲刈り体験会の巻  今年で4年目の松下×安米プロジェクト。このコンテンツをご愛読いただいてる方はご存知だと思うが2年目の2001年から企画した「稲刈り体験会」は毎年、雨、雨、雨で3年続けて中止の憂き目に遭っている。おかげで松下くんに雨男呼ばわりされるほど僕は毎年この時期の秋雨前線にいたく気に入られている。そこで今年は土曜日を本番...
2004年01月27日 [ 3012hit ]
10月10日号 収穫直前、台風22号襲来で一言。の巻
10月10日号 収穫直前、台風22号襲来で一言。の巻  よく田圃を見て「すばらしい自然の風景ですね」と云う人がいる。しかし田圃とは人工的な風景そのものである。では何故、田圃の風景を自然の風景と云わせたのか?それはそこに調和があるからだ。ただし調和を感じる田圃がどれだけあるだろうか? こんな大型台風が来るとあちこちで倒伏する稲をよく見かける。よっぽど猛烈...
2004年01月27日 [ 3000hit ]
10月19日号 ようやく入荷!松下×安米ヒノヒカリの巻
10月19日号 ようやく入荷!松下×安米ヒノヒカリの巻  イライラした顔がいつもの空色のオンボロトラックから降りてきた。そのイライラ面の男はやたらと急いでいる様子で倉庫に入るやいなや積荷の玄米を降ろし始めた。云うまでもなくこのイライラ面の男この松下明弘その人である。2004年平成16年産松下×安米プロジェクトの主力品種ヒノヒカリはこうして安東米店に入荷したのだ。 ...
2004年01月27日 [ 2815hit ]
12月31日号 大晦日に報告です。の巻
12月31日号 大晦日に報告です。の巻  現在22時27分。自室にこもりパソコンに向かっている。いつもなら紅白歌合戦を家族で観ているはずなのだが、最近忙しさにかまけてこのコンテンツの更新をサボっていたことが気掛かりだったことと、食味計による成分分析に出していた「松下×安米プロジェクト米2004(平成16年産)」の結果が今頃届いたのであと数時間となって...
2004年01月27日 [ 3281hit ]
1月16日号 冬の田圃にての巻
1月16日号 冬の田圃にての巻  「ご飯をきちんと出す店をやりたい!」と美術の世界に20年近く身を置いていた友人が一念発起。そこでお米のことを勉強したいということで週末を利用して東京からやって来た。「お米のこと」と云ってもどこから手をつけるべきなのか?栽培品種?炊飯技術?それとも・・・。しばらく考えた末、第1章は「稲という植物としての米」という...
2004年01月27日 [ 2766hit ]
2月26日号 新たなるプロジェクトに向けての巻
2月26日号 新たなるプロジェクトに向けての巻  2004年安東米店は地元静岡で新たな有機栽培米生産プロジェクトをスタートさせました。これはこのコンテンツでレポートしてきた藤枝の松下明弘さんと取り組んできた有機栽培米プロジェクト「松下×安米プロジェクト」での成果から静岡県内でもその土地に合う栽培方法さえ見出せば美味しく個性的な有機栽培米ができることを実感した...
2004年01月27日 [ 3090hit ]
3月21日号 松下×安米2003始動!の巻
3月21日号 松下×安米2003始動!の巻 早いもので今年もこの日がやって来た。松下くんの有機農法を支える有機物のひとつである米糠を運ぶ日である。今年小生が運ぶ量は全部で紙の米袋で105袋分重量1575キログラム。それを3回に分けて2週間おきに届ける。今日は2セットめである。食べ物の安心安全がとりだたされて以来各地で有機農法による栽培が盛んになったことで皮...
2003年01月27日 [ 2632hit ]
4月29日号 米糠配達最終便の巻
4月29日号 米糠配達最終便の巻 1ヶ月以上にも及ぶ米糠配達も今日で5セット目となった。軽トラック満載に積みこんで運んだ米糠の量は全部で2625キロ。このすべてが田圃に栄養を与え稲が育ち秋にはお米となってまた戻ってくる。有機的循環を体で感じることができるのがこのプロジェクトの楽しいところ。軽トラックでなく自転車+リアカーで松下×安米おむすび喰っ...
2003年01月27日 [ 2742hit ]
5月5日号 端午の節句は育苗作業の巻
5月5日号 端午の節句は育苗作業の巻 ゴールデンウイーク最終日は日本晴れの素晴らしいお天気、高速道路は帰省ラッシュで混み合い始めたと藤枝へ向かう車中ラジオがそう告げている。いつものルートで田圃へ向かう風景は昨年とちょっと違うような気がする。まだ田圃に水が引かれてないのか?いつもゴールデンウイークには人手が確保しやすいということから早いところでは田植え...
2003年01月27日 [ 2777hit ]
6月8日号 総勢49人の大田植え体験会の巻
6月8日号 総勢49人の大田植え体験会の巻 集まった皆さんもオドロイタが集めた本人もオドロイタ!なんと大人28人に子供21人、合計49人。松下×安米プロジェクト発足以来の大々企画となった2003田植え体験会は梅雨直前の晴天の中行われました。週間天気予報では雨もしくは雨のち曇りという最悪の予報にも関わらず、週末に近づけば近づくほど好天の予報に修正され、当日...
2003年01月27日 [ 2674hit ]
201 - 210 件目 ( 246 件中)    1 ... 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25