TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト  >  2011年度  >  22年産インプレッション。
22年産インプレッション。

 

このプロジェクト、松下が栽培しアンコメは販売するお米は、もうすでに10月下旬には全部揃った。
「いただき」、「あさひの夢」、そして「ヒノヒカリ」。
それらのインプレッションをまだしていなかった。
もちろん全部試食をすませ、販売しているにも関わらず・・・。

 

正直に言う。今年は表現が難しい。
いやけっして不味いわけじゃないんですよ。
つまり、僕自身がきちんと分かるところに落ちていない。

 

毎年、松下のお米は何かしら強烈な何かを持っている。
それは、時にうるさく感じるほどの強烈さである。
ところが22年産は、その鳴りを潜めている。
これをどう捉えるべきなのか?言葉が生まれない。
つまりインプレッションが書けない。
しかし、今感じていることを、今の言葉で書くこととしよう。

「いただき」、「あさひの夢」、そして「ヒノヒカリ」、この3種。


このすべてがみな同じ米のように感じ、例年のような圧倒的なキャラの違いを感じない。
それぞれの持っているべき個性が今年はどうにも現れにくい。
米粒の見た目、ルックスはまったく違うにも関わらず。

 

「いただき」は香りが強い。堆肥を思わせるような発酵香がある。炊いている時からその香気が溢れ出る。
味もしっかりしている。しかし触感がゆるい。9月の高温影響がモロに出ている感じ。

 

「あさひの夢」は見た目がNG。いわゆる背白(米粒の側面が白化している)だらけ。
香りは「いただき」ほどではないが、品のいい甘い香りがある。ただし味はあっさり。
ただ不思議なことに触感がいい。ゆるくない。こんなにも背白だらけなのに、意外なほど触感がいいのだ。

 

「ヒノヒカリ」は見た目はいい。見ていてもっとも安心できる品質。だけど香りが弱い。
「いただき」と比べたら三分の一かな。とにかく静か。じつは味も静か。
触感がゆるい。それに舌触りがスムースでない。
松下らしさが弱い。切れがない。そういう感じを持った。

 

頭が痛いが、22年産はこういうインプレッションとなってしまった。


さて、この記事を書いている後ろで、思いつきでやってみた。
それは、この3種をブレンドしてみたのだ。
プロジェクト米としては、意図してブレンドしたのは、初めてだったかもしれない。
そして食べて驚いた。
足りないところを補い、香り、味、触感のバランスが取れている。

 

この方法があった!だからブレンドは面白い。
22年産はブレンドして食べていただこうかな?悩んだ末にこういう方法に気づいた。
このプロジェクトとしては、松下ブレンドってのは初めてオススメする方法かな。
10年もやっていると、こんなこともあるんだな。
だからプロジェクトは面白い。
だから止められない。

_

 

アンコメ米作りプロジェクト米3種
栽培地:静岡県藤枝市青南町
生産者:松下明弘
栽培方法:有機JAS(無農薬無化学肥料栽培米)

 

松下×安米いただき 1キロ720円 5キロ3500円 10キロ6900円
松下×安米あさひの夢 1キロ690円 5キロ3350円 10キロ6600円
松下×安米ヒノヒカリ 1キロ720円 5キロ3500円 10キロ6900円
※表示価格は玄米価格です。分づき米、白米にもできます。

2010年11月17日 [ 5768hit ]

クイック注文フォーム

22年産インプレッション。を買う

必須注文内容
配送方法
配送希望【ヤマト運輸】
配送希望【佐川急便】
配送希望【アンコメ宅配】
宅配ボックス
お支払い方法
必須お名前
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須郵便番号
必須ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
必須電話番号
電話番号2
御意見等ございましたら御記入ください。
必須送信確認
  
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 35  件):     1 ..  11  12  13  14  15  16  17  .. 35