TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳
明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。

 

 

明けましておめでとうございます。

2016年、平成28年がはじまりました。
今年はどんな田んぼ、どんなお米に出逢えるでしょうか?
そしてどんなところで飯炊きをするのでしょうか?
ワクワクドキドキのスタートです。
本年もどうぞよろしくお願いします。


画像;2004年、静岡県春野町田河内にて

2016年01月04日 [ 716hit ]
春風献上
春風献上

 

 

12月31日も営業も店先のボードにこれを描けばいよいよ今年もいよいよ閉店時間。
今年も一年、ご愛顧いただき、ありがとうございました。
来年2016年もよろしくお願い致します。
皆さまよい年をお迎えください!

 

新年は1月5日より通常営業致します。

2015年12月31日 [ 702hit ]
今年最後の「ごはん炊きワークショップ」のお知らせ
今年最後の「ごはん炊きワークショップ」のお知らせ

 

 

来る12月9日(水)ごはん炊きのワークショップやります!
会場は静岡パルコ2Fのアーバンリサーチドアーズパルコ店です。
今回は白米だけでなく、玄米も同時に炊きます。
なおかつ会場のキッチンはIHクッキングヒーターなので
ルクルーゼと南部鉄器用いた炊飯実習となります。
炎とは異なる熱源でも上手に炊く技をぜひ体験してください!

まだ少しお席があります。ふるってご参加ください。


ワークショップの詳細、参加申込はコチラまで。
http://ur-blog.jp/doors/shizuokaparco/381682/
http://shizuoka.parco.jp/spage2/event/2680/

2015年12月02日 [ 1052hit ]
カミアカリ×KIWI@日本橋
カミアカリ×KIWI@日本橋

 

 

先週の土曜日(10/31)東京日本橋にあるキッチンギャラリーKIWI主催で玄米食専用品種「巨大胚芽米カミアカリ」のワークショップをやってきた。
参加者された12名のお客様は、いつもこのキッチンで行うお料理を学んでいる生徒さんが半分、カミアカリのことを聞きつけて参加された方が半分だった。

 

カミアカリのプロフィールを説明した後、さっそく下準備にとりかかる。
3人で一つの土鍋を担当していただき、計4個の土鍋でカミアカリを炊く。
まずは準備しておいた浸漬済みのカミアカリを炊きたい分、計量カップを使わず手で取ってもらう。
次に水加減。お米(浸漬米)の重さを計る。
その重さの1.3倍(130%)の重さの水が水加減の基準となる。
(この日持ち込んだ27年産松下カミアカリ、130%だとやや柔らかく炊ける)

 

準備ができたら、いざ点火。最初から強火でGO!
4つの土鍋は炊飯量の違いがあれど、だいたい7~10分で沸騰。(理想的~)
沸騰を確認したら10の3くらいの火加減でコトコト煮ていきます。
この時、水分たっぷりの土鍋から湧き立つ湯気の香りを記憶します。
そこから約25分くらいすると土鍋の中の水分が減り、中から香ばしい香りが出てきます。そこが消火ポイント!
ところが今回はなかなかその香りがしてこない・・・(焦)
そこで土鍋の中をチラ見。(ワークショップで時々やるとウケます)まだ水っぽい・・・。
それから5~6分でようやく香ばしい香りがして消火。あとは蒸らし15分。

その15分間でキッチンギャラリーKIWIの料理研究家スヌ子さんが
事前に炊いておいたカミアカリを使いお料理2品をご披露してくれた。

 

①揚げカミアカリとソーセージのサラダ
タイのネームクルックという発酵ソーセージのサラダの中のナッツを揚げたカミアカリを見立てた一品。
まずは、レモン汁、ナンプラー、砂糖、つぶしにんにく、乾燥唐辛子を合わせた汁に縦半分に切ったソーセージを
ポリ袋に入れて馴染ませておきます。
その間に炊いたカミアカリ一口大に軽く握りこんがり揚げる。
食べる前にサラダ用に刻んだお好み野菜とこれらを混ぜるだけ。
カミアカリのナッツのような食感と風味が際立ち、アジアンテイストに見事にマッチしてます!

②カミアカリの豆乳ポタージュ
見るからに、これから寒い季節に温まりそうな一品。
鶏挽肉と刻んだえのき茸に塩麹で合わせものを鍋に入れ、沸騰させてから炊いたカミアカリを加え煮込む。
食べる前に豆乳を加え出来上がり!超簡単なのにカミアカリの滋味溢れた栄養たっぷりのポタージュです。


お料理が出来上がったところでカミアカリも蒸らし完了。さっそく試食です。
日頃玄米を食べつけている方も、トウモロコシのような香りとプチプチ食感は初体験の様子、
とくに、ほんのりとコゲた部分のチョコレートのような香りには声を出して驚かれてました。
水加減と火力の関係で全体にちょっぴり柔らかめの仕上がりでしたが、4釜ともちゃんと炊けてました。

少し多すぎかなと思って用意してきた即売用カミアカリ(有機米松下カミアカリ500g)もあっという間に完売。
コンパクトなワークショップながら参加された方々も満足の表情、充実した会を行うことができました。


参加者の皆さん、
キッチンギャラリーKIWIの畠山さん、スヌ子さん
サポートの田中さん、
ありがとうございました!

_

2015年11月03日 [ 1039hit ]
カミアカリ炊飯ワークショップ@東京日本橋
カミアカリ炊飯ワークショップ@東京日本橋

 

 

東京日本橋にあるキッチンギャラリーKIWIで

玄米食専用品種「巨大胚芽米カミアカリ」のワークショップを開催します。

98年コシヒカリの突然変異として藤枝の松下明弘さんが発見した巨大な胚芽を持つお米、カミアカリ。
栽培地や生産者によって独自の風味が現れるその魅力が注目されています。

当日はカミアカリが発見され品種にまで育ったエピソードや
今に至るさまざまな出来事のお話し交えながら、
土鍋でカミアカリ(玄米)炊飯にも挑戦していただきます。

またKIWIラボのスヌ子さんが作るカミアカリを素材にした新しいお料理のご披露もあります。
東京周辺のみなさま、ふるってご参加ください!

※カミアカリやカミアカリの育成者松下明弘さんの本、アンコメで人気の玄米もちも販売します!


日時:10/31(土)14:00~16:00
場所:キッチンギャラリーKIWI 東京都中央区日本橋本町3-9-4HONCHO394ビル5F
定員:16名
料金:3500円(税込)


イベント詳細はコチラ
http://kiwi-lab.com/event.html#ankome

2015年10月29日 [ 1148hit ]
お米バーガー、たべに来てね!
お米バーガー、たべに来てね!

 

 

 

10月25日(日)静岡市のダウンタウンで行われる「紺屋町ウエストサイドマーケットSUNPOvol2」にアンコメが出店します。今回は出店だけでなくイベントの目玉、数量限定のスペシャルメニューの企画にも参加しています。紺屋町の人気フレンチ、ル・コントワール・ド・ビオスさんとアンコメのコラボで生まれたメニュー、

その名も紺屋町お米バーガー!

アンコメではおなじみ、玄米食専用品種「巨大胚芽米カミアカリ」をブレンドしたお米でつくったバンズに、
ビオスさん自家製ベーコン、無農薬野菜のサラダやピクルスを挟んだスペシャルなお米バーガーです。
販売時間は11:00~15:00、数量限定ですのでお早めに!(セットメニューもあります)

 

アンコメブースでは「巨大胚芽米カミアカリ」や「玄米もち」「アーモンド玄米もち」なども販売します。当日はご近所のショップさん達をはじめ、野菜農家さん、パン屋さん、陶芸家さんなどが出店、彩り豊かに賑やかに開催する予定です。
各地でイベント目白押しの季節ですがm日曜日はぜひ紺屋町へ遊び来てください!


イベント詳細はコチラ
 

住所静岡県静岡市葵区紺屋町12-8
2015年10月21日 [ 1092hit ]
講座、ワークショップシーズン イン!
講座、ワークショップシーズン イン!

 

 

9月9日(水)から11月3日(火)D&DEPARTMENT SHIZUOKAで開催中
NIPPON VISION MARKET「静岡のおいしいお米」中日の10月4日、
アンコメ店主が講座&ワークショップやってきました。

 

タイトルは「わかりやすいお米」

 

午前はたっぷり1時間半の米トーク。
お米屋になったきっかけに始まり、米屋の仕事、米流通、稲作の歴史、稲作生産者、
最後は巨大胚芽カミアカリのお話しまで。
午後は土鍋による静岡米2種のご飯炊きの実践。もちろん実食!
10時からスタートして14時半までの4時間半の長丁場。
タイトルは「わかりやすいお米」ですが、本当にわかりやすかったどうか不安でしたが、
講座の満足度アンケートでは、オールオール5の最高評価でした。

 

毎年10月~11月は講座やワークショップの集中月間。
そのキックオフのこの企画。幸先上々でホッとしてます。
次のワークショップは18日のアートロ、
その次は31日、日本橋(東京)でもやります!

体調整えて乗り切らねば。

2015年10月05日 [ 933hit ]
静岡のおいしいお米@D&DEPARTMENT SHIZUOKA
静岡のおいしいお米@D&DEPARTMENT SHIZUOKA

 

 

9月9日(水)から11月3日(火)D&DEPARTMENT SHIZUOKAで、
NIPPON VISION MARKET「静岡のおいしいお米」が始まります。
この企画ではアンコメがお米の選定や炊飯ワークショップなど全面協力させていただきました。

 

期間中、お米の販売はもちろん、ご飯関連のグッズの販売のほか、
カフェスペースでは人気のダイニングメニュー「静岡ごはん」で出されるご飯には、
アンコメが栽培から関わってきる静岡県内の3人の生産者のお米や、
開発段階から見守ってきた品種など全8種を週代わりで食べていただけます。

 

また関連イベントとして10月4日(日)にd SCHOOL「わかりやすいお米」を開催します。
当日はアンコメ店主の長坂潔曉が座学とごはん炊きワークショップを行う予定。

 

D&DEPARTMENT SHIZUOKA×アンコメが新米シーズン2カ月間に及ぶコラボ企画。
ぜひお越しください!

 

 

↓詳しい情報はコチラ↓
http://www.d-department.com/event/event.shtml?id=1567775574047118
http://www.d-department.com/event/event.shtml?id=1631046621594578

 

 

2015年09月12日 [ 1182hit ]
静岡市のプレミアム付商品券使えます!
静岡市のプレミアム付商品券使えます!

 

 

静岡市が徳川家康公顕彰四百年記念事業として7月から始まった「家康四百年祭記念プレミアム付商品券」
アンコメでもご利用いただけます。

 

1000円商品券12枚のシートが10000円!だから2000円もお得な商品券、
多く方がご購入されたことと思います。
7月に入りアンコメでもご利用されるお客様がいらっしゃいます。

店頭のポスターを見てアンコメさんでも使えるんですね〜
という声を聞くと、情報出しとかなきゃ・・・
なんて思いウェブでもアップすることにしました。

 

使用期間は平成27年10月31日まで。
ぜひご利用ください!

 

ちなみに自分、買いそびれました・・・トホホ。

 

_

 

 

家康四百年祭記念プレミアム付商品券 情報サイト

http://www.ieyasukou400premium.shizuoka.jp/

 

2015年07月04日 [ 1330hit ]
アートロ、キックオフ。
アートロ、キックオフ。

 

 

登呂遺跡で行うワークショップ「アートロ、土が僕らにくれたもの2015」が4月19日に始まった。登呂博物館や登呂遺跡復元水田を使い稲の生長と共に約半年間、全7回通算で27時間行うプログラム。「田んぼの土で土器をつくり、田んぼで稲を育て、秋に収穫できた米を土器で煮炊きして食べる」つまりはこういうことなのだが、それぞれのプログラムでは僕らがあたりまえや常識だと思ってることをいったん白紙に戻し、社会がこれほどまでに分業化するはるか昔、弥生時代の2000年前のある日の暮らしの営みを想像し、今、僕らの生活がなぜこうなったのか?を考えてみようといわけ。

 

画像は今年稲作を行うアートロ田んぼ。じつこの田んぼでワークショップの始まる数日前に予想外のことが起こってしまった。なんと機械が入り田んぼ整備(耕起、畦ぬり、など)をされてしまった・・・(あちゃ〜)ワークショップではそういった現代では常識とされている一連の作業全般に、なぜを問い直すことを試みる予定だったので、アートロ田んぼだけは何もせず、雑草生えっ放し、一切の整備しないように指示を出していたのですが、公園内の圃場整備作業を依頼された方が他の田んぼと同じように重機を入れ整備をしてしまいました。

 

とても残念ではありますが、今さらどうすることもできません。しかしこの事実を当日知った参加者はそれぞれに、初回から深く考えるきっかけになったようにも思えます。なぜ耕すのか?なぜ畦を作るのか?そもそもなぜ田んぼなのか?なぜ稲なのか?なぜ・・・?アートロのコンセプトでもある「もう一度なぜを問い直す」初回から脳みそフル稼働です。

 


次回は5/17 第2回「土を焼く?耕す?田んぼの仕立て」
前日5/16は関連講座公開講座「登呂水田の新たな見方ー稲作と焼畑」(佐藤洋一郎氏)もあります。
詳しくは下記、登呂会議、登呂会議FBページをご覧ください。

登呂会議
http://toro-museumshop.jp/artoro
登呂会議FBページ
https://www.facebook.com/torokaigi?fref=ts
 

2015年04月25日 [ 1018hit ]
51 - 60 件目 ( 603 件中)    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 61