TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト  >  2011年度  >  いただき。
いただき。

ヒラヒラしている姿が、いいだろ〜」。
 
 田植えが終わってようやくひと段落、松下は今、疲れた体を休めているところだ。そんな松下と早生から晩生品種までを、ひと通り見て回っている時に、目に付いた稲があった。
 心地いい西風に吹かれ、ちょうど逆光でキラキラ光ってたせいもあるが、じつにいい姿。まだ体は小さいが、しっかり根が付き、生命力溢れている感じが、植物としてようやく自立した風に見えたのだ。

 

 「いただきだよ。」
 
 実験栽培から数えて5作目の「いただき」である。かつて、フワッとした柔らかい触感のお米を、静岡で栽培するのは難しいのではないかと思っていた時、松下が実験栽培した「いただき」を試食して、この触感が表現されていたことに驚いた。
 その翌年から作付け面積を少しづつ増やしながら実験を重ね、21年産では、ようやく15俵(900キロ)ほど作った。仕上がりは上々。狙いどおりの触感が出ていたこともあり、なかなかお人気ぶりだった。その「いただき」の22年産が、今僕らの目の前でヒラヒラしているというわけだ。

 

 「根が付いて自立するまでは、やっぱり心配だけど、ここまでくれば、まあ大丈夫。
今夜はゆっくりサッカーが見られるよ。
」松下そう笑って言った。

2010年07月02日 [ 6077hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 35  件):     1 ..  21  22  23  24  25  26  27  .. 35