TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト  >  大型連休の田んぼでは、
大型連休の田んぼでは、


大型連休中の田んぼは毎年のことながら休みがない。種まき、苗づくり、田んぼ整備・・・etc 今年ついに10町歩を超えることになった松下圃場、将来を見据えて会社にもなったこともあり、気合いは充分と言いたいところだが、連休前の天候不順で本人曰く、その出来は少し気に入らないらしい。とはいえ、移植してしまえば最終的には体制に影響はないのだが、美意識の問題らしい。早生から晩生まで複数の稲品種をつくるわけだから、きっとお眼鏡に叶う苗もそのうちに現れることだろう。

苗づくりと並行して新しい圃場の整備にも余念がない。数日前に元肥を蒔いたというその田んぼに、今日は糠を蒔いていた。年配の生産者が化成肥料で栽培していた頃の記憶をたよりに、有機栽培化に向け土壌のチューニングをしていくのだ。同時に畔の整備や均平をつくる作業など、彼の有機稲作を支える仕立てが徹底的に行われていく。今後、この田んぼがどんな変化をもたらすかが楽しみだ。
_

2022年05月05日 [ 190hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 84  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 84