TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト  >  14作目のキックオフ。
14作目のキックオフ。

 

 

 

水平がとれた田んぼにメジャーとハンマー。

4月22日、松下の田んぼでは苗場づくりがはじまっていた。
例年よりも寒い4月、桜の開花後のほうが寒く、今日もどんよりとした曇り空。
 
本当は今日、種まきをやろうと思ってたんだけどね、寒いだろ、明日にしたよ。
 
苗場づくりの手を止め、平らな田んぼをとぼとぼ歩きながら会話をする。
この14年変わらぬ光景。
変わったのは互いの年齢くらいもの。
いや、松下はタバコをやめたんだった。
14年前のちょうど今頃、初めてこの田んぼを訪ねた時、ヤツは安煙草をふかしてた。
タバコの煙と田中の鉄塔、
それらとヤツがやってる有機農業、そのイメージのミスマッチが、やけに面白く感じたんだった。
あの年から数えて14作目、今年も空を見ながら一喜一憂する日々が始まる。
 
このプロジェクトでは26年産、4品種の栽培を計画しています。
 
・巨大胚芽米カミアカリ
・きぬむすめ
・にこまる
・あさひの夢
 
_
 
 
画像上:緑肥のレンゲ。元肥として鋤きこむことになる。お花畑ももうすぐ見納め。
画像中:田んぼを平らにすることは水田稲作の基本の「き」。苗場にあってはさらに高い精度を求める。小石ひとつ、たにしひとつも落ちていない。
画像下:今年から苗床の作り方を変えた。ここ数年、繰り返し実験しいよいよ実践投入となる。
 
2014年04月25日 [ 3203hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 65  件):     1 ..  45  46  47  48  49  50  51  .. 65