TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳  >  七夕はアートロ 土がぼくらにくれたもの 
七夕はアートロ 土がぼくらにくれたもの 

 

 

登呂遺跡で行っているワークショップ、アートロ・土がぼくらにくれたもの。

7月7日七夕、担当は僕の番だ。
 
今回は「アートロ検地」と題して、先月田植えしたばかりの田んぼへ行き、
歩幅で面積を割り出し、単位面積あたりの株数を数え、秋実るであろう米の収穫量を類推する。
しかも登呂の復元田だけでなく、ご近所にある現代の田んぼでも同じことを試みる。
それぞれで導き出された収穫量から人の暮らし、営みを想像するのだ。
そもそも「なぜ稲なのか?」ってところまで想像できればさらに面白いだろう。
 
参加者の皆さま、宿題の歩幅60センチはばっちりですか?
 
_
 
 
画像:藤枝松下さんの田んぼ
2013年07月04日 [ 4627hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 649  件):     1 ..  144  145  146  147  148  149  150  .. 649