TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳  >  花見deスイハニング。
花見deスイハニング。

 今日は、お茶ツーリズムのお手伝いで、市内大塚ぶどう園さんの満開の枝垂れ桜の下、スイハニング(炊飯ing)してきました。
 お米は、巨大胚芽米カミアカリ(玄米食専用)と、静岡森町堀内米キヌヒカリ。どちらもおなじみアンコメの人気米です。


 本日のツアー参加者は25名。スタッフを含め30人分、一人一合トータル3升分を、土鍋6個と炊飯器4台を駆使して時間差スイハニング。そのココロは、「炊きたてベストコンディションで食べていただきたいから。」
 ところが、途中で土鍋を積み忘れたことに気付き店まで取りに走るハメに!(泣)しかし、なんとかギリギリに間に合い、無事、花見のランチタイムは実現したのでありました。

 

 ところでここ数年、勉強会を含め様々なところでゴハン炊きのデモンストレーションすることが多く、その度ごとに相棒アンクルJ氏を富士から呼び、ゴハン炊きに興じているわけです。
 じつは今年、そんな依頼がすでにいくつか入っていてることもあり、はてさてどんな風に活動したら良いものかとアンクルJと相談した結果、冗談半分で、こんな団体を結成することになったのです。
 団体名は、「エクストリーム・スイハニング・インターナショナル(ESI)」。じつは一昨日結成したばかりなので、メンバーはアンコメ店主とアンクルJ、そして今日、加入したばかりのグレープオオツカのたった3人です。
 活動内容は、炊飯の創造的研究と実践、イベント参加、有事の際の炊き出し等々・・・。まあ簡単に言うと、色んなところで「スイハニングしたい」だけなわけです。

 というわけで、ESIにとって今日は最初のミッションだったわけです。そんな記念すべき第1回目にあっても、「土鍋を忘れる」というエクストリームな状況に陥ってしまうあたりがこの団体名の真骨頂なのかもしれませんね。(笑)
 

 ESI、次は4月末に清水港でスイハニングする予定!乞うご期待!(詳しくは告知します)

2010年03月21日 [ 7091hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 642  件):     1 ..  587  588  589  590  591  592  593  .. 642