キャプション 巨大胚芽米カミアカリ 奥久慈
ようこそ「ankome通信」へ。このサイトは安東米店・通称アンコメの今を知ってもらおうと発信しているサイトです。

もっと詳しく...

更新情報

アンコメ米作りプロジェクト

 種まきからたった半年で黄金原。「これはまるで錬金術だな・・・」と、毎年この光景を見るたびに思う。色から感じるイメージもさることながら、一粒が1000倍(栽培方法にもよる)にもなるのだから錬金術と言っても...

>続きを読む

いま旬!オススメ品

 昨年、岡部の「かど万」さんにご協力いただき仕込んだ「カミアカリ玄米みそ」がちょうど一年を迎えました。この味噌は、玄米食専用品種、巨大胚芽米カミアカリを、そのまま米こうじにして作る玄米みそ。巨大胚...

>続きを読む

米屋のいい訳

 9月29日、11月に次郎柿を販売するために磐田市敷地の次郎柿生産者に会いにいったその帰り道、森町の堀内さんを訪ねてみた。ちょうど「きぬむすめ」の収穫が終わり、次の「にこまる」を収穫する前、ひと息ついた...

>続きを読む

今ならコレがオススメ!

 早いもので今年も新米シーズン到来です。気の早い新米はお盆休み前にはすでに販売しているところもありますが、近年アンコメでは静岡森町堀内さんのコシヒカリからスタートすることにしています。そんなわけで...

>続きを読む

アンコメの祝い米

 アンコメの祝い米。この基本スタイルが完成してかれこれ10年。この間にどれだけの数を作ったことでしょう?それを思うと感慨深いものがあります。その多くは、ご出産の内祝いのご注文で、生まれた時の体重分の...

>続きを読む

カミアカリドリーム

 カミアカリドリーム勉強会を11月5日(日)に行います。秋の勉強会では例年どおり新米カミアカリ(29年産)を一同に集め、炊き立てを味わいながら今年の出来具合などを生産者を交えながらディスカッションし交流を深め...

>続きを読む

てがき版ankome通信

 アンコメの商いのテーマは「田んぼからお茶碗まで」稲、米、飯のすべてを考え、すべてに関わることで創造的な米屋を追求することを目指しています。その取り組みを具現化しているのが巨大胚芽米カミアカリです...

>続きを読む

How to Order

お電話、ファクス、インターネットで。
静岡、清水市内(一部地域を除く)でお米5キロ以上もしく¥2000以上であれば当日または指定日無料宅配いたします。
上記エリア以外の地域はヤマト宅急便にて発送いたします。