茨城奥久慈大久保巨大胚芽米カミアカリ【有機JAS】無農薬無化学肥料栽培米

2010/1/30 15:14 投稿者:  yhonda

1998年の秋、コシヒカリの巨大胚芽を持つ突然変異株を、静岡県藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんが偶然発見したのが始まりです。その一株から6年掛けて品種として固定したのが巨大胚芽米カミアカリです。その名のとおり、通常の3倍余もの大きな胚芽を持つことから、その特徴を活かすため玄米食専用品種として紹介しています。アンコメは2001年からカミアカリの開発に関わり勉強会(カミアカリドリーム勉強会)を通じて、この米の魅力の発見や創造に取り組んでいます。カミアカリは現在全国で6産地で栽培をしてます。発見育成者でもある静岡県藤枝市の有機米生産者松下さん、茨城県久慈郡大子町の生産者大久保さん、長野県伊那市の農業法人ザライスファームイナ(出口さん)、静岡県南伊豆のアグリビジネスリーディングの中村さん、千葉県いすみ市つるかめ農園の鶴渕さん、福島県猪苗代町土屋さんです。彼らは勉強会で共に学ぶ仲間であり、カミアカリ栽培にふさわしい考えと技術、何よりチャレンジ精神を持った生産者たちです。同じカミアカリであっても異なる気候風土、異なる栽培方法が、それぞれ独自のカミアカリを生み出しています。その違いこそがカミアカリの魅力なのです。


このお米は6生産者のひとり、茨城県久慈郡大子町で大久保さんが農薬や化学肥料を使用しないで栽培したカミアカリです。令和3年産は8月中旬からの長梅雨、続く台風による影響を懸念されましたが、収穫してみたら生産者自身も驚くほど量、質とも申し分のない出来でした。大久保さんのカミアカリの特徴をひとことで表現すると「プレーン」。静岡の松下さん、会津の菅井さんのカミアカリのように強い個性ではなく「素のカミアカリ」を感じます。それと食感のシャキシャキとした歯ごたえと相まって大久保カミアカリを形成しています。毎年のことながら5月を過ぎた頃から味がのって来るのも特徴。そういう意味で大久保カミアカリも個性的なキャラクターなのです。

 

※巨大胚芽米カミアカリは玄米食専用品種です。

 

 


ホームページURLカミアカリは玄米販売のみです。
電話番号1キロ  ¥1069 |5キロ  ¥4860 |10キロ ¥9612
FAX番号茨城県久慈郡大子町
郵便番号大久保秀和
住所有機JAS 無農薬無化学肥料栽培米