TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳  >  寒風の中
寒風の中

 店主でございます。

 今日は隣町藤枝へ配達。配達先へ無事お米をお届けしたら、松下圃場へ。今年初の田圃視察です。外気温は4℃、温暖な静岡でもこの寒さは堪えます。
 日本海側で雪を降らせた寒気は日本アルプスを越え、太平洋側にビュービューと吹き荒れる頃にはすっかり乾燥しています。その風を使って遠州地方で作られているのが、芋切干しです。そうそう、その芋切干し、只今好評販売中ですよ。
 田圃には、白化した刈り株が風に吹かれています。毎年この姿を見るのが好きで、寒風吹きすさむ中、ブルブルと震えながらファインダーを覗くであります。
 夜のニュースを見ていたら、新潟の津南町では、すでに3メートルの積雪だとか・・・田圃は冷凍保存状態というわけ。雪のない風が吹き荒れる静岡の田圃・・・。そういう差異が米の個性や魅力醸し出す要素になっていく。稲作は、ストーブリーグも見逃せない。だから面白い。
2010年01月17日 [ 5995hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 641  件):     1 ..  623  624  625  626  627  628  629  .. 641