TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳  >  いい日曜日だった。
いい日曜日だった。

 

羽釜でカミアカリを炊き、おむすびをつくる。
土鍋でコシヒカリを炊き、たまごかけごはんをいただく。

 

お茶ツーリズム「元気茶工場と農家の枝垂れ桜と本格庭園」は予定どおり行われた。
アンコメも参加しているESI(エクストリーム・スイハニング・インターナショナル)が、ご飯炊きのお手伝いをした。
正直いうとお手伝いというより自分らが楽しみたかった。

 

震災以来、経験したことのない緊張や不安が生まれ過剰なまでの心の高まりも生まれた。
誰しもいつのまにか心が凝り固まっていた。

 

道具を設え、鍋釜を火にかけ飯を炊く。
蓋をあけ、攪拌してからおむすびを作る。
むずかしいことは何も考えず、ただ黙々とむすぶ。
だんだんと心の置き場を思い出す。

 

ゲストを囲んで仲間と食す。
ほんとうに美味しい。ただそれだけ。
心はずいぶんと楽になった。
じつにいい日曜日だった。

 

ありがとう。少し救われたよ。

_
 

2011年03月21日 [ 3398hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 641  件):     1 ..  415  416  417  418  419  420  421  .. 641