TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト  >  2011年度  >  マイ リトル ライスフィールド。
マイ リトル ライスフィールド。

 松下が忙しい時間のぬって生ヌカを取りに来た。朝まで大雨洪水警報が出るほどの天気が嘘のように、スッキリと晴れあがっていた。

 

 「どっちにしても水が引くまで田圃に入れないから、ちょうどいいタイミングさ・・・

 

 15キロ入りの生ヌカを25本、375キロを荷台に積んだ。「その代わりにこれ置いていくよ」と、トラックから降ろしたのは、どこかで見覚えのある(カメ)だった。

 それは、作業所脇に置いてあるアレだとすぐに察しがついた。ところが、中には田圃の土小さな苗が2つ。バケツ稲ならぬ、甕稲であった。


 「どうだい!カワイイだろう、この苗、カミアカリだぞ・・・」と、いつものニヤニヤ面で云った。

 

 松下のプレゼントは、いつもうれしいけれど、これはまた格別にうれしかった。六月は豊年エビ。七月は出穂。九月は黄金色。これから半年、生長を見守る楽しみができた。

2010年04月28日 [ 6260hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 35  件):     1 ..  28  29  30  31  32  33  34  35