TOP  >  ankome通信  >  トップページ掲載用カテゴリー  >  【掲】米作りプロジェクト  >  田んぼへ行きたいが今は我慢する。
田んぼへ行きたいが今は我慢する。

 

例年ならこの時期ともなれば頻繁に田んぼへ通い、今年作付するであろう苗の様子を見に行くのだが、今年はそういうわけにもいかず悶々とするばかりの日々が続いている。

百年に一度という疫病の惨禍を自分の人生のうちに体験するとは思いもよらなかった。日ごろカミアカリのような生命の突然変異や新たな発見に関して少しは知識や経験はあるものの、新種のウイルスともなると次元があまりにも異なる。それよりなにより、まず最初に恐怖を覚えるのは僕だけではないだろう。そもそもウイルスは生物か無生物なのかの議論もあるらしいから正しく理解し正しく怖がることには、しばらく時間が掛かりそうだ。

子供の時分からSFパニック映画を好きで見ていた僕にとって今の状況は、不謹慎ながらまるでその映画を見てるようでもある。あそこまでドラマチックでないにせよ、これら映画には教訓めいたものがあるようにも感じる。

映画の中で最初に被害に遭ってしまうのは、たいがいおかれた状況を甘く考えている者や舐めた行動をとる者たちであったりする。それらの者たちの行動が状況をさらに悪化させてしまうことになる。そんな中、状況を打開できると考えるヒーローが登場し最悪の状況の中に光明を見出すことになる。しかしそのヒーローも終盤になると残念ながら被害に遭ってしまうこととなる。惨禍は去り世界は平常に戻るのだが被害を免れた者たちの背後で密かに、またその問題はくすぶり続けるのだ(完)

とまあ、これはエンターテインメントな物語であって現実はもっと複雑で厄介なはずである。しかしこれを教訓と捉えるなら「おかれた状況を甘く考えている者や舐めた行動をとる者たち」にならないようにすることくらいは僕にもできそうだ。食の安全保障を担う米屋であるがゆえ、仕事を止めるわけにはいかないので、緊張感を持って職務にあたっているつもりだが、万が一交通事故でも起こそうものなら疫病対応で苦労されている医療インフラを支えてる方々に迷惑をかけてしまう恐れがある。お米の配達でクルマを使うことがあっても、田んぼ通いでクルマを使うことはしばらく自粛するつもりだ。そもそも不要でないにせよ不急なわけですから。。。

ホームページ上の画像は最新ではないけれど、これまで撮り貯めてきた田んぼ画像を蔵出しすることにします。どうぞご理解くださいませ。またアンコメのFBやインスタグラムでは生産者からの情報をシェアすることもありますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

アンコメのFB

アンコメのインスタグラム
 

2020年04月27日 [ 736hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 106  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 106