TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳  >  ルーシー・リーの作品に見とれる。
ルーシー・リーの作品に見とれる。

 

歩きで30分のところに美術館がある。静岡市立美術館。
駅前の商業施設の入ったビルの1フロワーすべてが美術館になっている。
休みの日、気が向いてふらっと見に行くにはちょうどいい大きさ。
今回も良い企画展をやっていたので出掛けた。

ルーシー・リー展

没後20年となるイギリスの陶芸家。
巡回展として静岡にもやってきた。
過去にも何度か観ていたが、最初期から晩年までの代表作を一堂に観たのはこれが初めて。

よかった。
強烈に刺激を受けた。
どれもこれも素晴らしいの一言に尽きるのであるが、
晩年の作品「白釉青線文鉢」に一目惚れした。
言葉にならず、ただただ見とれてしまいました。

静岡では5月29日まで。
行ったほうがいいと思います。
_

久々に一曲
Brahms Intermezzo no:2 in A major Op. 118

2016年05月24日 [ 1808hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 637  件):     1 ..  62  63  64  65  66  67  68  .. 637