TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳  >  水田徘徊 森町から磐田へ
水田徘徊 森町から磐田へ
 
 
蒸し暑い・・・。
台風が近づいてくるのを感じるこの湿気。
街中にいると苦痛に感じるこの湿気もも田んぼだと嫌じゃない。
今日は午前中から静岡県の西部、森町と磐田へ行った。
森町は堀内さん、磐田は太田さん。アンコメの静岡県産特別栽培米、定番のお二人だ。
 
堀内さんは出張で不在だったが、毎年お願いしているコシヒカリ田んぼをひとり見て歩いた。
携帯で事前に生育状況を聞いたとおり、例年よりも生長が早い。
原因は小雨のせいだとか・・・静岡は他の地域に比べ雨が少ないのだ。
例年、8月のお盆開けに稲刈りをし、25日頃から販売するのだが、今年は数日早いかもしれない。
 
お昼過ぎに太田さんの田んぼへ行った。
気温は33℃、生暖かい湿気を含んだ風が海方向から吹寄せる。
こちらはコシヒカリとハツシモの田んぼを見て歩いた。
コシヒカリは堀内さんとは異なり、生長具合はやや遅め。
ちょうど中干しが終わり、水を入れたばかりとのことだった。
いっぽうハツシモは6月14日に田植えしたばかりということもあり、こちらはこれから身体ができていくところ。
いづれにしても、こういう気温が続くと、モリモリ生長していくと思われる。
 
そうこうしているうちに台風は九州へ接近しつつあると帰り道ラジオが言っていた。
各地、被害がないことを祈るばかりだ。
 
_
 
 
画像上:森町、堀内さんのコシヒカリ
画像中:磐田、太田さんのハツシモ
画像下:こういう道へ迷い込むのが田んぼ徘徊の楽しみのひとつ。磐田、太田川河川敷。
 
 
 
2014年07月09日 [ 2518hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 637  件):     1 ..  108  109  110  111  112  113  114  .. 637