TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳  >  その名を「星空おはぎ」と呼ぼう。
その名を「星空おはぎ」と呼ぼう。

 

 

巨大胚芽米カミアカリで新しい何かをつくる。
カミアカリの可能性の発掘に時間をかけてやっている。
もうじきそのひとつをご紹介できることになった。

 

カミアカリドリーム勉強会でも日本料理の角度で様々にトライしてきてきれた村松大樹さん。
その彼が昨年11月の勉強会で披露してくれたのが・・・カミアカリでつくったおはぎ。

うるち米、しかも玄米でつくるおはぎ、さぞカタチにするのに苦労したことだろう。
出来上がった姿を見て南伊豆在住、自称ポエム農家の中村くんがこう命名した。

 


星空おはぎ。

 


なるほど、満点の星空のようだ。

 

 

初回販売は2月6日(木)
価格は4個(俵型)で500円
お米は山形遊佐齋藤さんのカミアカリ

楽しみに待っててください!

 

_

 


画像上:2013年11月のカミアカリドリーム勉強会で生まれました。
画像下:村松さんとアンコメスタッフ山田と山崎で企画会議中。

 


 

2014年01月24日 [ 3004hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 637  件):     1 ..  116  117  118  119  120  121  122  .. 637