TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト
imageアンコメ米作りプロジェクト2018

2001年から始めた有機栽培による米作りの仕事を「アンコメ米作りプロジェクト」と呼んでいます。
その仕事の中心が、藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんとの試行錯誤です。

我々が目指すのは、「らしさの追求」。
どこかにある米を目指すのではなく、足元にあるモノ。ここにしかないモノ。ここでしかできないコト。
いわば我々らしさ、ここでしか生まれないオリジナルへの探求です。

ここで培われた経験は稲をどう捉えるか?稲の種子である米をどう捉えるか?その米を食べる僕らはどう生きるか?
つまり土地と稲と人とのつながりを考える上で、たいへん重要なメッセージ伝えてくれています。
このコンテンツでは、そういった田圃と松下、そしてアンコメ(安東米店)の試行錯誤の日々
田圃からお茶碗までを巡る思索の旅をレポートしていきます。

関係者プロフィール

松下明弘(まつした・あきひろ)

1963年生まれ、81年藤枝北高卒業。88090年の2年間青年海外協力隊に参加、 東アフリカのエチオピアで野菜の栽培指導を行う。 帰国後、父親の他界を機に専業農家となり実家の圃場で有機無農薬栽培による米栽培をはじめ現在に至る。 2001年JAS有機認証を取得。 巨大胚芽米カミアカリ(2008年3月6日品種登録)の生みの親でもある。松下明弘

長坂潔曉(ながさか・きよあき)

1963年生まれ、88年武蔵野美術大学卒業。90年家業の安東米店に入店。 97年松下明弘さんとの出会いから「田圃からお茶碗まで」というテーマで米を捉えるようになる。 以降、栽培0販売0炊飯までのすべてを視野に入れた米屋のあり方を模索している。 2004年五ッ星お米マイスターを取得。 2007年巨大胚芽米カミアカリのための勉強会カミアカリドリームの代表を務める。長坂潔曉
2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 |
意外性と即興性。
意外性と即興性。10月3日。予定のない日曜日は久しぶり。今月は、ほぼ休みのないスケジュールだと気づき、午後から田圃へ行った。田圃に稲のある風景も今年最後かな。 定点観測しているいくつかの地点をいつものように巡る。気温は高いが空気が乾いているから快適である。10日遅れの彼岸花、今年の太平洋高気圧は半端じゃなかった。 ちょうどお祭りの季節。前を通る時には必ず手...
2010年10月09日 [ 5050hit ]
アグリカルチャーモノカルチャー
アグリカルチャーモノカルチャー夕べの雨が嘘のような快晴の日、松下んちの作業場から籾摺り機から発する轟音がシャッター越しで聞こえる。携帯鳴らしても聞こえないのだろう。自動で留守番電話になった。 稲刈りは第2幕。「カミアカリ」と「いただき」が終わり、次は「ヒノヒカリ」と「あさひの夢」。第3幕もあるけど、これはないしょ。いづれまた。 ここからは、秋雨前線の動きに一喜一憂し...
2010年09月28日 [ 4852hit ]
レッツゲット稲刈り。
レッツゲット稲刈り。気が付いたら、穂が垂れ、あっという間にこの時がやって来た。稲刈りである。松下は9月第2週を皮切りに、10月下旬まで収穫作業に追われる。黄金色にか輝く稲を、いつまでも見ていたいけれど、残念ながらそうはいかない。日々生長し、変化し、立ち止まることはけっしてない。その姿を毎日見られる松下が、うらやましい。 昨日松下と話した。要約すると、彼はこんな...
2010年09月16日 [ 5087hit ]
夏、今だ続行中。
夏、今だ続行中。 9月になっても相変わらずの気温の高さ。観測史上記録と記憶に残る暑さという話しだからしかたがない。もっとも、この暑さが正月まで続くのならまだしも、そのうち必ず寒くなることは分かっているのだから、今はせいぜい、この暑さを「大いに楽しんでやろう」なんて強がってみてはどうだろうか。きっとまた月末には、「暑さ寒さも彼岸まで・・・昔の人はよく言った...
2010年09月05日 [ 5031hit ]
天気晴れ。ときどき雨。
天気晴れ。ときどき雨。 島田藤枝への配達の帰りには、必ず松下圃場をひと通り見て回ることにしている。前回が7月28日だったから、ちょうど2週間ぶり。天気晴れときどき雨。東シナ海から日本海を通過中の台風4号のせいで、とても蒸し暑い。  稲はすっかり様変わりしていた。そんなことは、充分承知しているつもりでも、この時期の稲の生長変化は著しい。「たった一日で姿が変わるんだか...
2010年08月12日 [ 4759hit ]
出穂。
出穂。 穂が出ることを出穂(シュッスイ)と云います。今年も早生品種から始まりました。 昨日、島田藤枝への配達の最中、少しだけ田圃に寄り道したら、ちょうど始まったばかりでした。種蒔き頃の天候不順で遅れが心配されましたが、ここのところのカンカン照りで、その遅れも帳消しの勢いです。 問題はこれから収穫のその日までの天候。熱帯夜が続かないことを、ただ...
2010年07月28日 [ 4692hit ]
作業小屋の窓から。
作業小屋の窓から。 島田と藤枝へ配達に行ったついでに田圃へ寄った。梅雨の最中、蒸し暑い日、温帯モンスーンを感じる日だった。  田植えが終わり、疲れた体を休め、少し落ち着いた頃に、機械や道具の整備や片付けが待っている。今日はちょうど苗箱洗いをやっていた。雨の合間をみながら淡々と、しかし正確に、その単調な繰り返し作業を行っている。雨が激しくなると、作業小屋...
2010年07月13日 [ 5172hit ]
いただき。
いただき。「ヒラヒラしている姿が、いいだろ〜」。  田植えが終わってようやくひと段落、松下は今、疲れた体を休めているところだ。そんな松下と早生から晩生品種までを、ひと通り見て回っている時に、目に付いた稲があった。 心地いい西風に吹かれ、ちょうど逆光でキラキラ光ってたせいもあるが、じつにいい姿。まだ体は小さいが、しっかり根が付き、生命力溢れている感...
2010年07月02日 [ 4764hit ]
ハーフデイアグリツアー水生生物観察会
ハーフデイアグリツアー水生生物観察会 田んぼに水が入り、田植えが終わってひと段落した頃、田んぼは命のスープとなる。微生物が活動を開始し、それを捕食する水生昆虫たちが大発生するのだ。するとそれを目当てに、こうしてホモサピエンスたちも大集合してくる。 今年も恒例、松下さんの田んぼで「ハーフデイアグリツアー水生生物観察会」を行いました。参加された方は総勢30人強、梅雨真っ盛り降った...
2010年06月27日 [ 8030hit ]
田植え終盤。
田植え終盤。 「そこにモノがあって、はじめて話しを始められるんだよな・・・」  藤枝へ不定期で行く配達の際、作業場へ寄ると、田植え作業を終えて松下が戻ってきた。作業の進み具合をひと通り聞いた後、こんな話しをした。  「俺たちの仕事ってさ、毎年毎年ひやひやしながら稲を見つめ、稲刈りをして、そこに米粒があることが確認できないと、何も終わらないし始ま...
2010年06月10日 [ 4847hit ]
91 - 100 件目 ( 246 件中)    1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 25