TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト
imageアンコメ米作りプロジェクト2018

2001年から始めた有機栽培による米作りの仕事を「アンコメ米作りプロジェクト」と呼んでいます。
その仕事の中心が、藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんとの試行錯誤です。

我々が目指すのは、「らしさの追求」。
どこかにある米を目指すのではなく、足元にあるモノ。ここにしかないモノ。ここでしかできないコト。
いわば我々らしさ、ここでしか生まれないオリジナルへの探求です。

ここで培われた経験は稲をどう捉えるか?稲の種子である米をどう捉えるか?その米を食べる僕らはどう生きるか?
つまり土地と稲と人とのつながりを考える上で、たいへん重要なメッセージ伝えてくれています。
このコンテンツでは、そういった田圃と松下、そしてアンコメ(安東米店)の試行錯誤の日々
田圃からお茶碗までを巡る思索の旅をレポートしていきます。

関係者プロフィール

松下明弘(まつした・あきひろ)

1963年生まれ、81年藤枝北高卒業。88090年の2年間青年海外協力隊に参加、 東アフリカのエチオピアで野菜の栽培指導を行う。 帰国後、父親の他界を機に専業農家となり実家の圃場で有機無農薬栽培による米栽培をはじめ現在に至る。 2001年JAS有機認証を取得。 巨大胚芽米カミアカリ(2008年3月6日品種登録)の生みの親でもある。松下明弘

長坂潔曉(ながさか・きよあき)

1963年生まれ、88年武蔵野美術大学卒業。90年家業の安東米店に入店。 97年松下明弘さんとの出会いから「田圃からお茶碗まで」というテーマで米を捉えるようになる。 以降、栽培0販売0炊飯までのすべてを視野に入れた米屋のあり方を模索している。 2004年五ッ星お米マイスターを取得。 2007年巨大胚芽米カミアカリのための勉強会カミアカリドリームの代表を務める。長坂潔曉
2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 |
3月31日号 2002年のプロジェクトのスタートの巻
3月31日号 2002年のプロジェクトのスタートの巻 いよいよ2002年松下×安米プロジェクトがスタートしました。今年最初のお手伝いは米ぬかを50袋(15キロ×50袋=750キロ)届けること。仕事車両と化した15年モノの4WDワゴン車いっぱいに積んで久しぶりに藤枝に向かった。米ぬかは彼の作る有機肥料の材料のひとつで、毎年この時期に大量準備するのだ。ところが今年は...
2002年01月14日 [ 2740hit ]
4月28日号 ゴールデンウイークの初日にはの巻
4月28日号 ゴールデンウイークの初日にはの巻 4月28日(日)6時起床。ゴールデンウイーク初日から気合の入ったスタート!読者の多くは「今シーズンも早朝から田圃通いとは熱心なことだ」と思っているかもしれないが、実のところ今日の早起きは、田圃のある藤枝よりさらに西にある金谷という町のとある山に金谷在住の悪友とともにマウンテンバイキング(マウンテンバイクで野山をガ...
2002年01月14日 [ 2733hit ]
5月19日号 にわか見学会の巻
5月19日号 にわか見学会の巻 日曜日の早朝とつぜん電話が鳴った。まあ電話というやつはおおかた突然と鳴るものなのだが・・・・。その電話の主は友人のMくんからだった。「あのさー、松下くんの田圃の行き方教えてくれない?・・・・」Mくんの小学6年生になる娘のAちゃんが松下くんの手ほどきを受けて自宅のバケツで稲の栽培をはじめたところで日頃はEメールだけ...
2002年01月14日 [ 2629hit ]
6月9日号 田植え大会の巻
6月9日号 田植え大会の巻 まずはご参加いただいた方々に4ファミリー13名の皆さんに感謝申し上げます。梅雨入り前の炎天下の中日焼けもものともせず泥まみれで奮闘していただきありがとうございました。 今年の田植えはなにやら忙しいらしい。その理由はサッカーマニアの松下くんならでは、ワールドカップサッカーのせいと思いきや予想以上の好天...
2002年01月14日 [ 2634hit ]
6月30日号 小さな世界と大きな世界を結ぶもの。の巻
6月30日号 小さな世界と大きな世界を結ぶもの。の巻 今夜の決勝戦で2002ワールドカップサッカーが終わる。朝のニュースはブラジル、ドイツどちらがどう勝つかを、くり返し伝えている。世界中の人々がこの大勝負に夢中になっている頃、田圃の中でも生物たちの大勝負が繰り広げられている。 土曜日の夕方から降り続いた雨は早朝には止み、久しぶりにまぶしい太陽の差す日曜...
2002年01月14日 [ 2866hit ]
8月5日号 田圃の森への巻
8月5日号 田圃の森への巻 猛暑というより酷暑といったほうがいいくらい暑い日の午後、焼津へ車を走らせた。向かった先は故加茂富次郎さん宅である。じつは7月末心不全で突然亡くなったのである。加茂さんは古代米研究者として全国的にも知られた人物で、これまで当店でも加茂さんの栽培する黒米、赤米などを少量ながら販売していた。亡くなる1週間前にも新米の状況...
2002年01月14日 [ 2879hit ]
8月25日号 茶畑と田圃とモーターサイクルと。の巻
8月25日号 茶畑と田圃とモーターサイクルと。の巻 20代前半、小生はモーターサイクルに夢中だった。とくに悪路を走ることを目的とした通称オフロードバイクというものだ。なぜその分野のモーターサイクルが好きだったかというと、人工的な文化と自然とが四つに組んだ感じを実感できるからだった。人工的な文化それ自体はとっても快適で小生自身もおおいに享受しているのだが、その行き過ぎによる...
2002年01月14日 [ 3156hit ]
9月16日号 雨降って稲刈りはお休みの巻
9月16日号 雨降って稲刈りはお休みの巻 敬老の日の振替休日、稲刈り体験会を予定していたが当日は朝からあいにくの雨模様。4フャミリー15人余りの参加希望者があったが、朝から中止と延期の電話連絡をした。毎年この頃は太平洋高気圧の勢力が衰え、押し上げられていた前線が南下して日本列島上空に停滞し雨を降らせる。これを秋雨前線という。同じ前線を梅雨の頃にはバイウゼ...
2002年01月14日 [ 3299hit ]
9月29日号 雨降って炉辺焼かな黄金晴 の巻
9月29日号 雨降って炉辺焼かな黄金晴 の巻 順延となっていた稲刈り会がまたもキャンセルとなってしまった!前日の28日(土)にまとまって降った雨のおかげで田圃は水浸し、とても稲刈りをする状況ではなく残念ながら今年の稲刈り会は中止となってしまいました。今回の稲刈り会には予想以上の参加希望者(なんと25名)があり気合充分でのぞむはずだった小生ではありましたが、お...
2002年01月14日 [ 2942hit ]
10月8日号 ヒノヒカリ オブ アート。の巻
10月8日号 ヒノヒカリ オブ アート。の巻 10月8日(火)待ちに待った今年の松下×安米プロジェクトのメイン品種「ヒノヒカリ」が入荷した。前回のレポートどうり仕上がりは上々、総数量40俵(玄米2400キロ)当初の計画数量どうりで質、量とも申し分のない出来だった。あとは「美味しさ」が今後の展開へのカギとなるわけで小生自身が最も緊張する瞬間なのである。 ...
2002年01月14日 [ 2880hit ]
221 - 230 件目 ( 246 件中)    1 ... 17 18 19 20 21 22 23 24 25