TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト
imageアンコメ米作りプロジェクト2018

2001年から始めた有機栽培による米作りの仕事を「アンコメ米作りプロジェクト」と呼んでいます。
その仕事の中心が、藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんとの試行錯誤です。

我々が目指すのは、「らしさの追求」。
どこかにある米を目指すのではなく、足元にあるモノ。ここにしかないモノ。ここでしかできないコト。
いわば我々らしさ、ここでしか生まれないオリジナルへの探求です。

ここで培われた経験は稲をどう捉えるか?稲の種子である米をどう捉えるか?その米を食べる僕らはどう生きるか?
つまり土地と稲と人とのつながりを考える上で、たいへん重要なメッセージ伝えてくれています。
このコンテンツでは、そういった田圃と松下、そしてアンコメ(安東米店)の試行錯誤の日々
田圃からお茶碗までを巡る思索の旅をレポートしていきます。

関係者プロフィール

松下明弘(まつした・あきひろ)

1963年生まれ、81年藤枝北高卒業。88090年の2年間青年海外協力隊に参加、 東アフリカのエチオピアで野菜の栽培指導を行う。 帰国後、父親の他界を機に専業農家となり実家の圃場で有機無農薬栽培による米栽培をはじめ現在に至る。 2001年JAS有機認証を取得。 巨大胚芽米カミアカリ(2008年3月6日品種登録)の生みの親でもある。松下明弘

長坂潔曉(ながさか・きよあき)

1963年生まれ、88年武蔵野美術大学卒業。90年家業の安東米店に入店。 97年松下明弘さんとの出会いから「田圃からお茶碗まで」というテーマで米を捉えるようになる。 以降、栽培0販売0炊飯までのすべてを視野に入れた米屋のあり方を模索している。 2004年五ッ星お米マイスターを取得。 2007年巨大胚芽米カミアカリのための勉強会カミアカリドリームの代表を務める。長坂潔曉
2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 |
6月29日号 水棲生物観察会+雑草観察会
6月29日号 水棲生物観察会+雑草観察会  すべての田植えが完了して約3週間、今年も田圃の小宇宙を覗きに出かけた。水棲生物観察会と題して企画したこの会に参加していただいたのは3ファミリー8名のみなさん、前回田植え体験会にも参加していただいた方も連続でのご参加、感謝感謝である。 参加者以上に気合い充分の松下くんと小生、水槽とバケツを持ち、いざ!田圃へ...
2003年01月27日 [ 2843hit ]
7月21日号 ヘイエルダール気分で の巻
7月21日号 ヘイエルダール気分で の巻  子供の頃、葦舟ラー号や筏船コンチキ号の漂流記や映像を観て感激したことがある。太古の文化の伝播が陸路以外にも海路を渡って移動したのではないか?という説を裏付けるべくノルウェーの人類学者トール・ヘイエルダールが漂流実験をしたというはなしだ。それは子供心に自力で遠くへ移動するという本能的な欲求への芽生えだったように思...
2003年01月27日 [ 2747hit ]
7月27日号 三ケ日援農隊出撃!の巻
7月27日号 三ケ日援農隊出撃!の巻  ようやく東海地方も梅雨明けしたと朝の天気予報が伝えている。そのわりには、どピーカンということはなく曇り空で相変わらず涼しい。酷暑続きもつらいが日照不足と低温も稲作にはつらい。「寒さの夏はおろおろ歩き〜」なんて宮沢賢治そのものといった状況なのである。静岡はまだしも北陸や東北、北海道などはこのままだと深刻な状況にな...
2003年01月27日 [ 3226hit ]
8月24日号 用意周到なプログラムの巻
8月24日号 用意周到なプログラムの巻  8月もお盆を過ぎたあたりからようやく夏らしくなってきた。静岡では8月のお盆休み中に連日大雨洪水警報が発令されるほどの悪天候だった。おかげで県内の主要ダムはすべて130%〜150%の満水状況というこの珍事を地元新聞が伝えている。いまさらここで述べるまでもないが今年の夏はまさしく冷夏である。ニュースならなだしもワイ...
2003年01月27日 [ 2779hit ]
9月15日号 やっぱり稲はパートナーの巻
9月15日号 やっぱり稲はパートナーの巻  9月に入ったとたんに真夏の太陽が帰ってきた。残暑というより夏本番と表現したいくらいのギラギラ太陽である。静岡では連日30℃を越える気温を記録し、毎年最高気温が記録される天竜地域でも37℃を記録し地元ローカルニュースでは「クーラーが効かないんです」と室外機に水をかける住民の映像がテレビで紹介されていた。それにして...
2003年01月27日 [ 2828hit ]
10月10日号 冴えない顔と冴えた顔の巻
10月10日号 冴えない顔と冴えた顔の巻   あんなに暑かった9月が過ぎ10月になったとたんに一気に涼しくなった。朝晩などは涼しいというより寒いなんて日もあったりと今年の天候ときたら気まぐれというほかない。暑くも寒くもないちょうどいい日というものは実際は年間通しても1週間もないのではなかろうか?そんな貴重とも思える暑くも寒くもないちょうどいい日の10月10...
2003年01月27日 [ 2939hit ]
10月12日号 おいらは雨男なのかい?の巻
10月12日号 おいらは雨男なのかい?の巻  満を持して企画に取り組んだ2003年の松下×安米プロジェクトの大イベント「稲刈り体験会」。なんと田植え体験会に次ぐ40名もの参加希望者があったにもかかわらず、11日晩からの無情とも云える雨のため中止となってしまった。想いおこせば昨年も企画した2回の稲刈り体験会のいづれも雨の仕打ちにあった。2年連続中止というあ...
2003年01月27日 [ 3113hit ]
11月3日号 正しい農閑期の過ごし方の巻
11月3日号 正しい農閑期の過ごし方の巻  「自分の田圃で何が起きているをよーく観察することなんだよな・・・・・」雨の降る祭日に稲刈りも後片付けをひととり終わりホッとひと息しているヤツのところへ行ってみた。ヤツはいつもの作業小屋にゴザを敷き干し柿を作るべく渋柿を剥いていた。「正しい農閑期の過ごし方だな」と小生が云うとヤツはニヤッと笑いながら「なるほど、正...
2003年01月27日 [ 3281hit ]
11月30日号 松下×安米2003感謝祭の巻
11月30日号 松下×安米2003感謝祭の巻  「またもや雨か・・・」土曜日の晩の天気予報では翌日の日曜日は雨のちくもり。その上、季節はずれの台風まで来ているという。松下×安米プロジェクトのユーザー参加イベントの最終章「松下×安米プロジェクト感謝祭」は稲刈り体験会に続いて今回も雨の予報。「やっぱりおいらは雨男なのか?」とつくづくついてないなと意気消沈考し...
2003年01月27日 [ 3001hit ]
1月25日号 2003の実力、2004の夢
1月25日号 2003の実力、2004の夢  米に関わる者にとって激震の2003年が過ぎ新しい年2004年が始まった。米屋にとっては今だに余震が続いている状況で通常の状態に戻るには今年の作柄が安定しさえすれば秋にはホッとできる日も来るだろう。その日までまだいくつかの山があるに違いないと思われる。そんな状況でありながらも松下×安米ヒノヒカリ2003産の売れ...
2003年01月27日 [ 2866hit ]
211 - 220 件目 ( 246 件中)    1 ... 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25