TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト
imageアンコメ米作りプロジェクト2018

2001年から始めた有機栽培による米作りの仕事を「アンコメ米作りプロジェクト」と呼んでいます。
その仕事の中心が、藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんとの試行錯誤です。

我々が目指すのは、「らしさの追求」。
どこかにある米を目指すのではなく、足元にあるモノ。ここにしかないモノ。ここでしかできないコト。
いわば我々らしさ、ここでしか生まれないオリジナルへの探求です。

ここで培われた経験は稲をどう捉えるか?稲の種子である米をどう捉えるか?その米を食べる僕らはどう生きるか?
つまり土地と稲と人とのつながりを考える上で、たいへん重要なメッセージ伝えてくれています。
このコンテンツでは、そういった田圃と松下、そしてアンコメ(安東米店)の試行錯誤の日々
田圃からお茶碗までを巡る思索の旅をレポートしていきます。

関係者プロフィール

松下明弘(まつした・あきひろ)

1963年生まれ、81年藤枝北高卒業。88090年の2年間青年海外協力隊に参加、 東アフリカのエチオピアで野菜の栽培指導を行う。 帰国後、父親の他界を機に専業農家となり実家の圃場で有機無農薬栽培による米栽培をはじめ現在に至る。 2001年JAS有機認証を取得。 巨大胚芽米カミアカリ(2008年3月6日品種登録)の生みの親でもある。松下明弘

長坂潔曉(ながさか・きよあき)

1963年生まれ、88年武蔵野美術大学卒業。90年家業の安東米店に入店。 97年松下明弘さんとの出会いから「田圃からお茶碗まで」というテーマで米を捉えるようになる。 以降、栽培0販売0炊飯までのすべてを視野に入れた米屋のあり方を模索している。 2004年五ッ星お米マイスターを取得。 2007年巨大胚芽米カミアカリのための勉強会カミアカリドリームの代表を務める。長坂潔曉
2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 |
松下9月4日号 ヒノヒカリ出穂と静かな彼の巻
松下9月4日号 ヒノヒカリ出穂と静かな彼の巻  会津、山形視察&勉強ツアーの真っ最中、「今頃ヒノヒカリが出穂してるだろうな・・・」と松下くんが云ってたのが気になって次の日曜日、藤枝のヒノヒカリの田圃までカメラ抱えて行ってみた。残念ながら松下くんは少し離れたところで作業していたために直接会うことはできなかったが携帯電話でヒノヒカリの生育状況を聞いた。  ...
2005年01月27日 [ 2525hit ]
高野9月18日号 エアコン、田圃、トランペットの巻
高野9月18日号 エアコン、田圃、トランペットの巻  9月に入り湿気が抜けすっかり秋の気配、「暑さ寒さも彼岸まで」おなじみのこの言葉つい出てしまう季節になってきた。とはいうものの日中は結構な暑さで高野くんの田圃へ向う車の中はエアコンは欠かせない。ところがである!その頼みのエアコンのスイッチが入らないのである。途中街道沿いの自動車ディーラーに見てもらったが「こりゃコ...
2005年01月27日 [ 2552hit ]
松下9月22日号 急報!松下×安米コシヒカリ、販売開始の巻
松下9月22日号 急報!松下×安米コシヒカリ、販売開始の巻  松下×安米プロジェクトの主力品種ヒノヒカリが入荷する前に松下くんの計らいで今年はコシヒカリを販売することになりました。以前から栽培スケジュールの関係で中生のヒノヒカリをこれ以上増産ができない代わりに早生のコシヒカリを栽培していましたが、今年はその大部分の40俵(2400キロ)を正式に松下×安米コシヒカリとし...
2005年01月27日 [ 2626hit ]
松下10月2日号 ヒノヒカリ、第6番プレリュードの巻
松下10月2日号 ヒノヒカリ、第6番プレリュードの巻  松下くんとのプロジェクト。松下×安米プロジェクトの主力品種ヒノヒカリの稲刈りが来週末と聞いてその一週間前の日曜日に藤枝の田圃へ出かけた。彼岸も過ぎ10月というのに今日は猛烈な暑さである。9月18日高野くんの田圃に行った時よりも湿度こそ低いものの気温はその日以上の暑さである。故障していた車のエアコンも修理しエア...
2005年01月27日 [ 2865hit ]
高野10月10日号 稲刈りは明日の巻
高野10月10日号 稲刈りは明日の巻  10月10日体育の日、天気は曇りのち時々雨、高野くんから高野×安米プロジェクト米あいちのかおりの収穫が明日と聞いて午前中田圃までドライブした。出発前に一本電話を入れてから雨交じりの天気の中、ちょっと贅沢して東名高速道路を使って田圃へ向った。  「もう着いたんですか・・・」。電話を入れてから1時間も経たな...
2005年01月27日 [ 2622hit ]
松下10月11日号 ついに1等ヒノヒカリの巻
松下10月11日号 ついに1等ヒノヒカリの巻  全部で44俵積まれた松下くんのトラックが安東米店の倉庫に入る。松下×安米プロジェクトの主力品種ヒノヒカリが10月11日ついに入荷した。その姿を見ながらいつもと少し違うのにすぐに気がついた。「あれ?1等?」。米袋に押された品質評価検査のハンコが1等なのである。  お恥ずかしい話しながら松下くんの米はこれま...
2005年01月27日 [ 2769hit ]
長坂10月16.17日 伊勢神宮神嘗祭の巻
長坂10月16.17日 伊勢神宮神嘗祭の巻  米を生業をする者としていつか伊勢神宮の神嘗祭に詣でたいと思っていた。というより詣でなくてはならないと思っていた。そんな時、偶然にも縁あってそのチャンスを得た。  神嘗祭とは、その年の新穀(米)を天照大御神にたてまつり感謝の念を捧げる伊勢神宮最大の行事である。僕は16日正午から外宮で行われる御儀と同日夜10...
2005年01月27日 [ 2760hit ]
松下高野10月22日号 あいちのかおりが入荷そして稲刈りの巻
松下高野10月22日号 あいちのかおりが入荷そして稲刈りの巻  10月20日待望の高野くんのあいちのかおりがようやく入荷した。全部で20俵と当初の予定より大幅に少ない量だった。高野くんからは「反収7俵を越えるかも?」との連絡をもらっていたがフタを開けてみれば6俵弱の収量となった。もっとも上限7俵を越えるより7俵を下回るほうが品質、食味とも良いと考えているアンコメ米作りプロジ...
2005年01月27日 [ 2684hit ]
長坂10月26日号 携帯の向こう、植田氏から絶賛の声の巻
 長坂10月26日号 携帯の向こう、植田氏から絶賛の声の巻  夕刻せまる中、配達で郊外の幹線道路を走っている時に携帯が鳴った。左側に車を停め電話に出るとあの植田さんだった。植田さんは以前「6月4日号田植え体験会の巻」の時にもご紹介した岡部町で「ゆとり庵」という飯炊きの店を営む方でその筋では「めし炊き職人」の名で知れた方で今年も行われる静岡県が主催する静岡米まつりの米品評会...
2005年01月27日 [ 2900hit ]
長坂11月20日号 ヌーボーと新嘗祭の巻
長坂11月20日号 ヌーボーと新嘗祭の巻  たしか80年代後半からだったような気がするけれど、毎年11月17日ともなるとボージョレヌーボー解禁というニュースがテレビや新聞をにぎわすようになった。下戸の僕でも誘われるまま一杯飲んだりするのだからクリスマスやバレンタインデー同様にすっかり日本人の年中行事になった。前々日、偶然にも僕が尊敬する市内にあるワイン専...
2005年01月27日 [ 2794hit ]
181 - 190 件目 ( 245 件中)    1 ... 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25