TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト
imageアンコメ米作りプロジェクト2018

2001年から始めた有機栽培による米作りの仕事を「アンコメ米作りプロジェクト」と呼んでいます。
その仕事の中心が、藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんとの試行錯誤です。

我々が目指すのは、「らしさの追求」。
どこかにある米を目指すのではなく、足元にあるモノ。ここにしかないモノ。ここでしかできないコト。
いわば我々らしさ、ここでしか生まれないオリジナルへの探求です。

ここで培われた経験は稲をどう捉えるか?稲の種子である米をどう捉えるか?その米を食べる僕らはどう生きるか?
つまり土地と稲と人とのつながりを考える上で、たいへん重要なメッセージ伝えてくれています。
このコンテンツでは、そういった田圃と松下、そしてアンコメ(安東米店)の試行錯誤の日々
田圃からお茶碗までを巡る思索の旅をレポートしていきます。

関係者プロフィール

松下明弘(まつした・あきひろ)

1963年生まれ、81年藤枝北高卒業。88090年の2年間青年海外協力隊に参加、 東アフリカのエチオピアで野菜の栽培指導を行う。 帰国後、父親の他界を機に専業農家となり実家の圃場で有機無農薬栽培による米栽培をはじめ現在に至る。 2001年JAS有機認証を取得。 巨大胚芽米カミアカリ(2008年3月6日品種登録)の生みの親でもある。松下明弘

長坂潔曉(ながさか・きよあき)

1963年生まれ、88年武蔵野美術大学卒業。90年家業の安東米店に入店。 97年松下明弘さんとの出会いから「田圃からお茶碗まで」というテーマで米を捉えるようになる。 以降、栽培0販売0炊飯までのすべてを視野に入れた米屋のあり方を模索している。 2004年五ッ星お米マイスターを取得。 2007年巨大胚芽米カミアカリのための勉強会カミアカリドリームの代表を務める。長坂潔曉
2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 |
高野5月1日号 コツコツとやる作業するのみの巻
高野5月1日号 コツコツとやる作業するのみの巻  日本中がゴールデンウィークと呼ばれる大型連休に入り長い人は10日連続で休暇という人もあるらしく海外旅行に出掛ける人の数が過去最大?などとニュースが伝えている。しかしそんな優雅な日本人はごく一部で僕のまわりの農に関わる仕事の人達はカレンダーの色に関わりなく天気さえ良ければ日のあがる前から働いている。静岡では八十八...
2005年01月27日 [ 2370hit ]
高野5月8日号 田植えスタートの巻
高野5月8日号 田植えスタートの巻  7日土曜日の午後電話が鳴った。「明日高野さんの田植えに行くんですが長坂さんも行きませんか?」電話の主はNさんだった。お客様であるNさんはアンコメ米作りプロジェクトが再スタートした時から僕と何度か田圃通いに同行したことからいつの間にかに高野くんと連絡を取り合っていたらしく僕より先に高野くんの田植え情報を知り電話し...
2005年01月27日 [ 2344hit ]
松下5月15日号 例年より低い気温だけど・・・の巻
松下5月15日号 例年より低い気温だけど・・・の巻  天気が読めない。例年のこの時期にしては気温が低い。そして風が強い。14日(土)は3月下旬の気温だとニュースが伝えた。  僕は今から20年前、それまでの夏にほぼ毎日あったはずの夕立がその年を境に減ったのを憶えている。オートバイ乗りの当時の僕にとって夕方4時頃はどこで雨宿りしようかと半ば楽しみにしていたことを...
2005年01月27日 [ 2395hit ]
松下高野6月4日号 田植え体験会の巻
松下高野6月4日号 田植え体験会の巻  「今日は田植えやるんですか?」。早朝6:00寝ぼけ状態で出た電話は今日予定している田植え体験会の問い合わせだった。電話に出ながら窓越しに空を覗くと今にも泣きだそうな曇天。よく見れば霧雨だった。「藤枝のピンポイント天気予報では午前9時頃から曇り時々晴れの予報なので決行します」と返事をした。もっとも田植え作業には曇...
2005年01月27日 [ 2446hit ]
高野6月19日号 あいちのかおり生育順調の巻
高野6月19日号 あいちのかおり生育順調の巻  友人からEメールで絵画の企画展があると誘いがあり梅雨空の下、掛川まで出掛けてみた。美大生だった頃には美術館や画廊巡りを日常的にしていたものだが、米屋稼業に没頭してからは年に数回行けばよい程度のご無沙汰状態である。もっともここ数年、田圃の中にアートを見つけてからは田圃こそが僕にとっての美術館となったものだから今で...
2005年01月27日 [ 2553hit ]
松下6月20日号 南青山「一汁三菜」の巻
松下6月20日号 南青山「一汁三菜」の巻  松下くんの田圃に幾度となく見学に来た「ちゃんとした飯を炊く店をやりたい」と一念発起した友人が、ついに念願のお店をオープンした。場所は東京港区南青山。店の名前は「一汁三菜」。たった七席だけの小さな定食屋である。店主の朝川さんはこの店の計画を練り始めるにあたって日々なんとなく食べているこの「ご飯」について何も知らな...
2005年01月27日 [ 2566hit ]
松下6月26日号 カラ梅雨でも豊年エビは大繁殖の巻
松下6月26日号 カラ梅雨でも豊年エビは大繁殖の巻  雨が降らない。大井川から農業用水を取水している藤枝の松下くんの田圃も、ついに一日おきの給水となってしまった。「まあ、ひび割れするほどの渇水じゃないからまだいいけど、このままこの調子だと・・・」と松下くん。稲の初期生長の大事な時にこの取水制限には、さすがの松下くんも手の施しようがない。天候だけは人間の技を持ってし...
2005年01月27日 [ 2324hit ]
松下高野7月17日号 「自転車で田圃へ行く」についてのお話しの巻
松下高野7月17日号 「自転車で田圃へ行く」についてのお話しの巻  海の日は自転車で田圃へ行く。自転車愛好家というほどのマニアではないが、人力のみで走る乗り物で、行きたい所へ気の向くまま知らない道を繋げて迷いながら走ることが楽しくて、いつのまにやら仕事半分、遊び半分という気分で、ここ数年自転車で田圃に通うようになった。そしてやっぱり今年も梅雨明けまじかのこの日に行くことになった...
2005年01月27日 [ 2400hit ]
松下高野8月15日号 田圃を渡る風に吹かれながらの巻
 松下高野8月15日号 田圃を渡る風に吹かれながらの巻  米のオリジナリティって何だろう? 田圃の畔で松下くんや高野くんと会話する中でいつも感じることだ。お盆休み、藤枝の松下くんのヒノヒカリ、菊川の高野くんのあいちのかおり、それぞれが栽培されている田圃の畔で、そこを渡るなんとも心地よい風に吹かれながら考えてみた。  松下くんとこのプロジェクトを始...
2005年01月27日 [ 2363hit ]
松下高野8月27.28.29日号 人の田を見て我が田を思うの巻
松下高野8月27.28.29日号 人の田を見て我が田を思うの巻  8月27.28.29日の3日間、アンコメ米作りプロジェクトメンバーの松下くん高野くんそして僕の3人で福島県会津地方と山形置賜地方へ視察&勉強ツアーに出かけた。かねてから米どころといわれる産地の有機栽培や特別栽培など、その田圃や生産者と会って話しを聞いてみたいと思っていたからだ。それがついに実現したのだ。 ...
2005年01月27日 [ 2792hit ]
171 - 180 件目 ( 245 件中)    1 ... 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25