TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト
imageアンコメ米作りプロジェクト2018

2001年から始めた有機栽培による米作りの仕事を「アンコメ米作りプロジェクト」と呼んでいます。
その仕事の中心が、藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんとの試行錯誤です。

我々が目指すのは、「らしさの追求」。
どこかにある米を目指すのではなく、足元にあるモノ。ここにしかないモノ。ここでしかできないコト。
いわば我々らしさ、ここでしか生まれないオリジナルへの探求です。

ここで培われた経験は稲をどう捉えるか?稲の種子である米をどう捉えるか?その米を食べる僕らはどう生きるか?
つまり土地と稲と人とのつながりを考える上で、たいへん重要なメッセージ伝えてくれています。
このコンテンツでは、そういった田圃と松下、そしてアンコメ(安東米店)の試行錯誤の日々
田圃からお茶碗までを巡る思索の旅をレポートしていきます。

関係者プロフィール

松下明弘(まつした・あきひろ)

1963年生まれ、81年藤枝北高卒業。88090年の2年間青年海外協力隊に参加、 東アフリカのエチオピアで野菜の栽培指導を行う。 帰国後、父親の他界を機に専業農家となり実家の圃場で有機無農薬栽培による米栽培をはじめ現在に至る。 2001年JAS有機認証を取得。 巨大胚芽米カミアカリ(2008年3月6日品種登録)の生みの親でもある。松下明弘

長坂潔曉(ながさか・きよあき)

1963年生まれ、88年武蔵野美術大学卒業。90年家業の安東米店に入店。 97年松下明弘さんとの出会いから「田圃からお茶碗まで」というテーマで米を捉えるようになる。 以降、栽培0販売0炊飯までのすべてを視野に入れた米屋のあり方を模索している。 2004年五ッ星お米マイスターを取得。 2007年巨大胚芽米カミアカリのための勉強会カミアカリドリームの代表を務める。長坂潔曉
2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 |
9月3日号 「心配御無用!」の巻
9月3日号 「心配御無用!」の巻  カミアカリの新聞発表から始まり、9月16日の掛川の飯炊きワークショップの準備。加えて、第3子の誕生と、私にとって、この夏は仕事に家庭に目まぐるしく動き回っている。そこへ9月に入ったとたんのこの陽気、夜温が下がり、湿気が抜けた。毎年のことながら、今年はいつも以上にこの陽気にホッとしている。 そんな日々を過ごしているうちに、アンコメ米作りプロジ...
2006年01月28日 [ 2576hit ]
9月24日号 2つのオプションの巻
9月24日号 2つのオプションの巻  日頃、家庭サービスなんて縁のない悪業親父の私が、珍しく娘を連れて朝から出掛けた。出掛けた先は、娘が大好きな隣町焼津市にあるプラネタリウム。こんなことを書くと友人たちの多くはこう言うだろうと想像される。「ありえないそれはウソだ!」いえいえウソではありません本当の話しです。でも娘にはナイショですが、私にとってこのお出掛けは2つの重要なオプ...
2006年01月28日 [ 2772hit ]
10月9日号 稲刈り快調の巻
10月9日号 稲刈り快調の巻 台風なみの低気圧が列島沖をかすめて行った。その影響で北アルプスでは登山者が遭難、太平洋沿岸では遊漁船や貨物船が難破とテレビのニュースは伝えている。ところが連休中の静岡は、すばらしく良い日が続いている。10月の天気としては、いつになく暑くTシャツでちょうどいい感じ。そんな連休最終日に田圃へ出掛けた。 作業場に行ってみると案の定、松下くんが機...
2006年01月28日 [ 2826hit ]
10月24日号 松下×安米プロジェクト米3部作の巻
10月24日号 松下×安米プロジェクト米3部作の巻 お待たせしました!18年産アンコメ米作りプロジェクト、松下さんとコラボ米「松下×安米プロジェクト米3部作」のすべてが出揃いました。今年は主力品種ヒノヒカリに加えキヌヒカリ、あさひの夢の3種類、さっそくそれぞれのお米の素性とその出来ばえ、食感についてインプレッションしてみます。 ヒノヒカリ 松下×安米プロジェクト米主力品種として栽培して...
2006年01月28日 [ 2547hit ]
11月26日号 松下×安米ヒノヒカリatガス展2006の巻
11月26日号 松下×安米ヒノヒカリatガス展2006の巻  11月26日日曜日、静岡ガスの恒例イベント「ガス展2006」(11月23日〜26日)で催されるステージクッキングに、おなじみアンコメ米作りプロジェクト米の主力品種「松下×安米ヒノヒカリ」をひっさげて出前炊飯に出掛けました。まさにアンコメ米作りプロジェクトと静岡ガスの1日だけのコラボレート企画なのであります。 リニューアルされたばかりの静岡ガスのショール...
2006年01月28日 [ 2803hit ]
1月2日号 まだまだの実力を思い知らされて、の巻
 1月2日号 まだまだの実力を思い知らされて、の巻 気が付けばお正月。今日は浅間神社に初詣。ようやく落ち着いてパソコンの前に座ることができる日がやってきた・・・・  ここ数ヶ月は何だかやたらと忙しく、ウェブサイトの更新もままならず、あっという間に時間が過ぎ去ってしまった。じつはその間に全国レベルとも言える面白いお米に出会うことができ、あらためてアンコメ米作りプロジェクト米との実力の差に...
2006年01月28日 [ 2664hit ]
3月6日号 表参道で思い出した。【2006年版最終回】
3月6日号 表参道で思い出した。【2006年版最終回】  1月7日の日曜日、典型的な西高東低の気圧配置。ニュースのお天気コーナーは、この冬一番の寒波がやって来たと伝えている。 前の晩、突然に松下くんから、この連休中に一度打ち合わせをしたいとの電話が入り、今日は急遽藤枝の松下邸へ向かった。藤枝を目指して走るバイパスの途中、北の方角に見え隠れする南アルプスはすっかり雪雲に覆われ、その雲の一端が平野部...
2006年01月28日 [ 2728hit ]
松下・高野4月4日号 高野くんが松下くんに出会ったの巻
松下・高野4月4日号 高野くんが松下くんに出会ったの巻  4月4日月曜日の午後、高野くんは安東米店に現れた。サンプルを兼ねて少量購入した16年産コシヒカリの領収書を届けにきたのである。事務的なことを済ませた後、コーヒーをすすりながら17年産の栽培計画書を見ながらどんな米を作りたいのか具体的な点をあらためて聞いた。「稲が植物らしい育ちになるように元肥ゼロの無肥料、への字...
2005年01月27日 [ 2435hit ]
松下4月10日号 勝負はここで決まるの巻
松下4月10日号 勝負はここで決まるの巻  田植え前、この時期の田圃の様子が好きでお花見がてら観察をしに松下くんの田圃へ行った。静岡では例年3月下旬に満開となる桜(ソメイヨシノ)も今年は今頃になってようやく満開となり藤枝市内の沿道の桜並木も今が盛りを向かえている。そんな中、松下くんはもっぱら田圃の土木作業と元肥づくりに励んでいた。一年間使った田圃の内外、...
2005年01月27日 [ 2383hit ]
松下4月25日号 スタートからきびしく育てるの巻
松下4月25日号 スタートからきびしく育てるの巻  以前にも田圃見学に来た「ちゃんとした飯を炊く店をやりたい」と一念発起した僕の友人が、今度はその店で使う干物を求め静岡に来たので帰り道に松下くんのところに寄ってみた。松下くんは田圃の整備がほぼ終わり苗床作り真っ最中だった。  「この育苗土は全部自分で作るんですよ」。松下くんは前年の夏頃から苗床に使う土を準備...
2005年01月27日 [ 2310hit ]
161 - 170 件目 ( 245 件中)    1 ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 ... 25