TOP  >  ankome通信  >  アンコメ米作りプロジェクト
imageアンコメ米作りプロジェクト2018

2001年から始めた有機栽培による米作りの仕事を「アンコメ米作りプロジェクト」と呼んでいます。
その仕事の中心が、藤枝市の有機栽培米生産者、松下明弘さんとの試行錯誤です。

我々が目指すのは、「らしさの追求」。
どこかにある米を目指すのではなく、足元にあるモノ。ここにしかないモノ。ここでしかできないコト。
いわば我々らしさ、ここでしか生まれないオリジナルへの探求です。

ここで培われた経験は稲をどう捉えるか?稲の種子である米をどう捉えるか?その米を食べる僕らはどう生きるか?
つまり土地と稲と人とのつながりを考える上で、たいへん重要なメッセージ伝えてくれています。
このコンテンツでは、そういった田圃と松下、そしてアンコメ(安東米店)の試行錯誤の日々
田圃からお茶碗までを巡る思索の旅をレポートしていきます。

関係者プロフィール

松下明弘(まつした・あきひろ)

1963年生まれ、81年藤枝北高卒業。88090年の2年間青年海外協力隊に参加、 東アフリカのエチオピアで野菜の栽培指導を行う。 帰国後、父親の他界を機に専業農家となり実家の圃場で有機無農薬栽培による米栽培をはじめ現在に至る。 2001年JAS有機認証を取得。 巨大胚芽米カミアカリ(2008年3月6日品種登録)の生みの親でもある。松下明弘

長坂潔曉(ながさか・きよあき)

1963年生まれ、88年武蔵野美術大学卒業。90年家業の安東米店に入店。 97年松下明弘さんとの出会いから「田圃からお茶碗まで」というテーマで米を捉えるようになる。 以降、栽培0販売0炊飯までのすべてを視野に入れた米屋のあり方を模索している。 2004年五ッ星お米マイスターを取得。 2007年巨大胚芽米カミアカリのための勉強会カミアカリドリームの代表を務める。長坂潔曉
2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 |
10月9日号 松下明弘 オン dancyu
10月9日号 松下明弘 オン dancyu 雑誌dancyu 2008年11月号である。立ち読みだけではダメですよ。必ず買いましょう。写真も美しいです。ライターのSさん、フォトグラファーのYさんありがとう。 雑誌dancyu 11月号「ご飯はもっと旨く炊けます!」に松下明弘がフューチャーされました。しかも7ページものボリュームで。私としては、うれしい気持ちと、ちょっと気恥ずかしい感じと、両方が入り混じった気分で...
2008年01月28日 [ 4137hit ]
10月21日号 松下×安米ヒノヒカリは今年でラスト。
10月21日号 松下×安米ヒノヒカリは今年でラスト。 20年産もやっぱり2等。見た目判断では毎年おなじみのこと。けっして美人じゃない。しかしいっこうに構わない。そういうことがどうでもいいと感じるくらいヤツの米には力がある。標準化とは無縁の強烈な何かが。 まずは白米を炊いてみた。「甘い!」口に入れた瞬間に感じた。今年、平成20年産の松下の米に共通するものをあえて表現すると、「わかりやすさ・・・」かも...
2008年01月28日 [ 3106hit ]
11月29日号 ちいさな円環物語。
11月29日号 ちいさな円環物語。 松下の身体は今、すっかりオフモード。立ち姿を見ただけでそれと判る。とにかく今は「ひたすら休め!」 「松下さんとアンコメさんに会いたい方がいらっしゃるんですが・・・」 電話はお客様の漢方薬屋さん、Sさんからだった。彼のお客様で、おむすび研究家であるOさんが、いつもSさんのお店経由で「松下×安米プロジェクト米」をご購入いただいいている関係で、...
2008年01月28日 [ 2896hit ]
1月11日号 人の暮らしの日常。
1月11日号 人の暮らしの日常。 トンネルを抜けるとそこは焼津。静岡駅から普通列車でたったの20分で田圃のある藤枝到着。そこから自転車散歩で数ヶ所に散らばる田圃を一枚一枚見て廻る。一見退屈な日常風景の中にあるけれど、「太陽エネルギーの固着物としての米」という視点だと世界が変わって見えるから面白い。鉄道、自転車、田圃、人、すべてが有機的に繋がって見えてくる。 2009年、平成21年に...
2008年01月28日 [ 2806hit ]
2月15日号 この素晴らしい世界。
2月15日号 この素晴らしい世界。 見通しの悪い交差点には、事故を防止するために夜は一晩中青白い色の水銀灯が輝く。光の届く部分の稲の生長がそのほかの部分とは少し異なる。稲はその光も自らの命のために貪欲に利用する。私たちが思う以上に彼らはタフなのだ。 ルイアームストロングの有名な曲に「What a wonderful world」(なんと素晴らしい世界なんだろう)というのがある。たぶん多くの方がご存知の...
2008年01月28日 [ 2799hit ]
3月19日号 歌っている、走っている。【最終回】
3月19日号 歌っている、走っている。【最終回】  松下とはここのところ色んな場で会う。それは大抵のお酒の席である。農繁期とその後に続く蔵人生活で、会いたくても会えない方々と様々懇談する。新年度の作付けが始まる前の今が、そんな時期というわけだ。共に酒を飲み食事をしながら歓談する。そのうちに松下のエンジンに火が入りフルスロットルとなる。松下明弘トークショーの始まりである。下戸の小生は日本...
2008年01月28日 [ 2729hit ]
3月21日号 春分の日、早春の田圃を愛でに自転車で行く。
3月21日号 春分の日、早春の田圃を愛でに自転車で行く。  今日は春分の日、昼間の長さと夜の長さが同じなる日。この地球規模の節目の日にアンコメ米作りプロジェクト2007年の1回目の田圃ウォッチングに出掛けた。彼岸の中日でもあるので午前中にお墓参りを済ませたあと、いつもなら自動車で出掛けるのだが今回は自転車で行くことにした。しかも電車も使ういわゆる輪行というスタイルだ。 自転車に好きの小生が最近手に入れ...
2007年01月28日 [ 2496hit ]
4月16日号 雨の日の訪問者たち
4月16日号 雨の日の訪問者たち  今日は小生が昨年9月に一日講師を務めさせていただいた掛川のライフスタイルデザインカレッジのスタッフと共に藤枝に訪れた。今年行うカリキュラム「Nippon学」の講師を小生の友人Aさんにお願いするための訪問である。概ね仕事の話を済ませた後「どうせだから松下さんの田圃も見せて・・・」というスタッフのリクエストにお答えして寒い雨の降る中、松下さ...
2007年01月28日 [ 2558hit ]
5月5日号 栃山川沿いを田圃へ
5月5日号 栃山川沿いを田圃へ  毎年ゴールデンウイーク中の一日だけは田圃へ出掛けることにしている。暑くなく寒くない、そのうえ五月晴れとくれば、やっぱり自転車で行くほかありません!というわけで、まずは静岡駅を目指して走り始めたのです。3月21日号をご覧になった方は、もうお気付きのことでしょう。そうです!今年から導入した小生の秘密兵器!軽量折り畳み自転車に乗って輪行で田圃へ...
2007年01月28日 [ 3120hit ]
6月3日号 稲オタク
6月3日号 稲オタク  田植えが始まった。  この時期、その作業を手伝うわけでもないのだけれど、なんとなく気になって落ち着かない。そんなわけで5月27日と6月3日の日曜日、2週続けて田圃通いをした。 「田植えの手伝いをしないんですか?」と、よく人に聞かれる。そんな時には、冗談まじりにこう言うことにしている。「僕、泥の中入るのが嫌いだから・・・」そう言うと、ほとんどの...
2007年01月28日 [ 2449hit ]
131 - 140 件目 ( 245 件中)    1 ... 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ... 25