TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳
羽釜スイハニング三番勝負。
羽釜スイハニング三番勝負。

 

 

2月の連休、羽釜でスイハニングする機会を得た。
白米2回、玄米(カミアカリ)1回の計3回。

 

羽釜は金属であるから火のコントロールがリニア。つまり一体感がある。
土鍋も土質や厚みによっては羽釜っぽいモノもあるが、やっぱり金属製の羽釜は別格だと思う。

愛用の3升釜を持ち込んだのは友人宅。
20人集まる宴でのスイハニング。備え付けの薪ストーブをお借りての1回戦目は白米。
お米は、静岡磐田太田農場産コシヒカリ1升。加水量は浸漬米重量の95%としてみた。

 

浸漬水温が低い(8℃)ことと、
掃除したばかりの薪ストーブの煙突、ドラフト(吸い込み)力が強いと判断、
いつもより抑え気味な火力で水温を上げてみた。

どうやらそれが失敗だった。
宴のお料理にあわせてしっかりめの食感をイメージしていたのだが、ふんわり系になってしまった〜。
味は申し分なく良いのだが、食感がダメ。初戦は敗退・・・とほほ。

 

気を取り直して玄米を準備。2回戦。
お米は、福島会津熱塩加納町菅井さんのカミアカリ1升。加水量は浸漬米重量の130%としてみた。
今回は、抑えないでいつもどおりの火力でちょい早めの7分で沸騰。
ここから沸騰維持。釜から立ち上る湯気と香りをたよりに中火から弱火。そして置き火でじっくり蒸らす。
最後にもう一度火を起してさらに蒸らすこと1時間。
これは成功!蓋をあけたら美しいカニ穴。
カミアカリならではのプチプチ食感と濃い風味がしっかり出てた。ばっちり決まって2回戦目は勝利!

 

3回戦目は翌午前中。現場はアウトドア。
これまで何度もスイハニングしている言わばホームグラウンド的会場。
燃料は会場の木工屋さんの工場から出る端材を少量利用させていただいた。(感謝)
それを燃料に羽釜と釜戸でスイハニングしたお米は、山形大石田つや姫1.5升。

1回戦の教訓から加水量は浸漬米重量の90%
今回も抑えることなく2回戦目と同じようなペースで釜戸に薪を放り込む。
煙に燻されながら弱火で沸騰維持。
「ブツブツいう頃、火を引いて」のタイミングで炎を叩いて置き火で蒸らす。
頃合いを見ながら会場すみに積んであった剪定された枝葉をひと掴み釜戸へ。

 

「はじめチョロチョロ、中パッパ、ブツブツいう頃火を引いて、最後にひと掴みの藁燃やし、赤子泣いても蓋とるな」
の中の藁の部分。藁はなかったものの最後に一掴みを枝葉でしっかりできた。


蒸らしが終わり蓋を開けしゃもじで攪拌する。
釜肌にはきつね色のオコゲができていた。ドンピシャの仕上がりである。
香り、風味もお米のポテンシャルがしっかり再現。しかも食感もイメージどおりの仕上がり!3回戦は大勝利!


というわけで連休のスイハニングミッションは2勝1敗という成績でした。

次なるミッションは2月24日、お・むすびじゅつ。
こちらは土鍋8個の連続スイハニング。はてさてどうなりますやら・・・笑。

 

_
 

2013年02月12日 [ 3329hit ]
同じ釜の飯をくう。つまり、ただそれだけのこと。
同じ釜の飯をくう。つまり、ただそれだけのこと。

 

 

今年はごはん炊きのご依頼が多い。
手帳を広げると今月だけでも5回あった。
ことに土鍋ごはん炊きのワークショップは人気で色んな方面の皆さんからご依頼をいただく。
ありがとうございます。

 

今日はとある幼稚園の父母の会からご依頼で近所の公民館へ参上した。
20名ほどのママさんたちにアンコメ流の土鍋ごはん炊きを伝授するのだ。
まあ、じっさいは伝授というよりは、一緒に炊いて楽しむこと。
ごはん炊きが好きになってもらうことを第一に、和気あいあいスイハニングした。
炊き上がったごはんをみんなでワイワイたべる。
まさに同じ釜の飯をくう。つまり、ただそれだけのことがとっても楽しい。
気付くといつもよりたくさんたべちゃう。
それがアンコメの土鍋ごはん炊きワークショップです。

 

そんな調子だから大切なことは伝えなきゃと思いつつも、
ちょっと不安なのでここにアップしときますね。
この3つは大事だからぜひ覚えてくださ〜い。

 

一、お米は水に2時間浸して。
一、10分くらいで沸騰。
一、蒸らしが終わったらすぐ攪拌。

 

 

誰でもすぐできるアンコメ流土鍋スイハニングのワークショップ、
ご依頼があれば道具一式持って参上致します。
数人のグループでもOKです。お気軽にお問い合わせください。

 

_

 

画像上:チームごとにお米の品種や水加減が異なるものの、どれもちゃんと炊けました。
画像下:具だくさん麦味噌の味噌汁最高でした!

 


 

2013年02月07日 [ 4095hit ]
美術
美術

 

 

若い時分に美術のまねごとのようなことをしていた。
あくまでも、「まねごとような・・・」であるから、まねごと以下というレベル。
思えば恐ろしくセンスがなかった。それどころか、やり抜く根性もなかったな。(笑)

 

正直いえば、「面白くてしかたない三度の飯より・・・」というくらいまで好きではなかったのだ。たぶん。
周りでモノづくりに励む仲間たちを眺めながら、どこか冷めていた自分を思い出す。
とはいえ、美術を「鑑賞する」のはむしろ好きだし、自分で言うのもなんだけど良き鑑賞者の一人であると思う。

 

ところが最近、美術関係者らのお手伝いをすることが時々ある。
来月行う現代アート展のプレイベント「お・むすびじゅつ」ではご飯炊き指南役を仰せつかったし、
今日は朝から弊社精米工場で美術家で陶芸家の本原玲子さんの作品撮影の協力をした。
やや逃げるようにして距離を置いた美術が向こうのほうから近づいて来た。
ちょっと不思議な感じがしている。

 

 

午前中の澄んだ空気と光。
精米機を駆動するためのコンプレッサーやモーター音が響く。
米のタンクを叩く音、昇降機やパイプの中を米が流れる音。
八十を過ぎた父が何十年も続けてきたしごと。
精米工場の日常業務の中にその作品がある・・・。

 

 

僕は作り手にはならなかったが、こういう関わりはじつに楽しい。
いやむしろ性に合ってる。と今日気付いた。


_


本原さんの個展は2月。東京で行われる。お近くの方はぜひ。

 

いそがやi・スペース
森岡書店

 


 

2013年01月28日 [ 3243hit ]
田の草
田の草
 
 
配達で隣町へ。
国道をちょいと外れ田中の道へ。
 
時間があれば藤枝の松下さんちの田んぼへ行くところだが、今日は無理そう。
そこで見知った田んぼへ寄り道。
 
ここはこれまで自転車で何度も通った。
クルマでも幹線道路を好まないから旧道や裏道を走るからよく通る。
こういうところには気になる田んぼがあって、いつもなんとなく見ている。
大学の農場の近くだ。
 
静岡は雪がほとんど降らない。
10年に一度、降るかどうか?
成人の日、東京であんなに降った日も静岡は寒い雨だった。
 
一年のうちで一番寒い今頃も田の草は動きは活発だ。
知らず知らず春は近づいている。
そうか・・・そろそろ25年産の計画をしなきゃいけないんだった。
 
_
 
2013年01月16日 [ 2945hit ]
ワークショップ お・むすびじゅつ 参加者募集
ワークショップ お・むすびじゅつ 参加者募集

 

 

3月5日〜10日、静岡県立美術館など数箇所で静岡にゆかりのある現代美術家を招いた現代アート展が行われます。

 

現代アート展 むすびじゅつ


その関連イベントでワークショップが企画されました。

 

おむすびを創るワークショップ お・むすびじゅつ

 

このワークショップで、スイハニング(ごはん炊き)のインストラクターをお手伝いすることになりました。

静岡で育ったお米、郷土の具、手しごと、炊くこと、むすびこと、たべること。
体験しませんか?

 

今回、協力要請をいただいた時に、お米のこと、稲のこと、ご飯のことを、ちゃんと勉強しようと活動を始めた頃のことを思い出しました。

ある日、ニッポン代表のサッカーの試合をテレビで観ている時に気付いたのです。
ボール蹴っているニッポン代表の選手も、それを応援しているサポーターも、彼らの活動エネルギーの大半はきっとお米に違いないと。

 

フランスではきっとパンで、
イタリアではきっとパスタで、
メキシコではきっとトルティーアで
ニッポンはお米に違いないと・・・。

 

米粒を食べてできた体のつくりやエネルギーの使いかた、果てはイメージする風景も
パンやパスタやトルティーアなどを食べてきた人とはきっと異なるだろうと・・・。
だとすればお米エネルギー由来で表現されるサッカーがあるはずだと空想をしたわけです。

 

はてさて静岡ゆかりのアーティストたちは
静岡生まれのお米でつくったおむすびじゅつで、どんな風景を表現してくれるだろうか?


ワークショップ「お・むすびじゅつ」ふるってご参加ください!


□開催日
2013年2月24日(日)11:00〜15:00

 

□場所
旧アソカ幼稚園(宝台院)
〒420-0034 静岡県静岡市葵区常磐町2丁目13−2

 

□参加費
500円(おむすび、汁物、緑茶付き)

 

□持ち物
おむすびの具になりそうな故郷の食材(手ぶらでも参加OK!)

 

□ワークショップ内容
おむすびの作り方を学ぶ。(お米の炊き方も一緒に)
おむすび名人のお母さんたちの知恵を伝授する。
米と具とその関係を知る。
21世紀に相応しいおむすびを創り出す。

 

 

展覧会、ワークショップについての詳細はこちらをご覧ください。


現代アート展 むすびじゅつ


ワークショップ お・むすびじゅつ

 

_

 

 

2013年01月14日 [ 4356hit ]
お饅頭、忘れた。
お饅頭、忘れた。

 

 

とくに目的もなく19年産から毎年少量のカミアカリを貯蔵しておいた。
貯まる一方だったこのエイジングカミアカリ(笑)が、昨年ある大学の先生の目にとまった。
ありがたいことに化学の実験材料のお役を得た。

 

今日はそのためにカミアカリを製粉加工しに製粉機を持っている先輩のお米屋を訪ねた。
全部で9種類、産地も異なればコンディションもいろいろ。
イメージどおりの米粉になるかちょっと心配だった。
けれど製粉機は旧式でながら覧の通り調子良く米粉ができた。

 

はてさて、このカミアカリの米粉で、どんな結果がでるのやら?
また楽しみがひとつ増えました。

 

そんな話しを先輩に夢中で話していたら、手土産で持参したお饅頭を渡し損ねてしまった。
先輩、明日またお饅頭、お届けしますね。

 

_
 

2013年01月11日 [ 3088hit ]
2013年始動ッ。
2013年始動ッ。

 

 

今年はどんな一年になるだろう?
年賀状を描きながらいろいろと夢想しました。

 

そのどれもがお米に関わること。
とくにスイハニング(めし炊き)は2013年はさらに活発になればいいなと思ってます。

 

とにかく美味しいゴハン体験ができる機会や場面を作りたい。
スイハニング(炊く)する楽しみを、もっと知っていただきたい。
そこからお米に、田んぼに興味がつながってもらえたらいいと思う。

だからワークショップにイベントに、忙しい一年になるといいな。


2013年もよろしくお願い致します。

_


画像:毎年20枚だけ描くエコ米タグに手描きする年賀状。今年はアンコメくんスケートノ図。毎年たくさんいただくけれど抽選で20枚だけ返信してます。こんな不義理をお許しくださいませ。m(_ _)m

2013年01月07日 [ 2990hit ]
報恩謝徳
報恩謝徳

 

 

今年最後のお客様が18時に来られました。

 

さてと・・・31日恒例、四文字熟語の時間。

今年はこの四文字。

 

報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

 

一年の感謝を込めて。

色んなことがあった一年だったけど、無事に12月31日まで仕事できました。
ありがとうございました。

 

来年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

_

2012年12月31日 [ 3189hit ]
雨の12月30日
雨の12月30日

 

 

12月30日はお餅販売のピーク日。
早朝から雨模様。

 

30日の雨・・・あまり記憶がないな。

 

店からクルマで5分もかからないところに、もち搗きの工房がある。
店と往復、行ったり来たり。
午後3時ごろ、ようやく当日分すべてのお餅がほぼ搗き終わった。

 

毎年のこの日が終わるとホッとする。
あともう一日か。

 

_
 

2012年12月30日 [ 3107hit ]
明後日は玄米もち
明後日は玄米もち

 

 

今年は真夏を除いて玄米もちをよく搗いた。
そのおかげか年末最後の玄米もちの日(12/27)のご注文をたくさんいただいた。(ありがとうございます)

 

お正月のおもちとして玄米もちを選ぶ方もちらほら。
すっかり定着したみたいだ。

 

玄米もちの魅力はやっぱり風味の豊かさ。それに食べやすさ。かな?
きっと食べた人は一般的な玄米が持つイメージが変わると思う。
好きな方は1升(もち米で1.4キロ分)もご予約いただき、冷凍保存している方もあるくらいだ。

 

原料は特別栽培米の宮城県岩出山産みやこがねもち

かれこれこの5年ほど、すっかり気に入っているもち米だ。
それをこれからもち搗き工房へ運びこみ、洗米。

何度か水を変えながら当日まで浸し続ける。
そうやってじっくり時間をかけてお餅になる時を待つのだ。

 

_

 

画像:生産者さんが色彩選別機で選別されたもち米。これをさらに目で見ながら残った籾などを手でとる。

 

2012年12月25日 [ 2956hit ]
151 - 160 件目 ( 641 件中)    1 ... 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 ... 65