TOP  >  ankome通信  >  カミアカリドリーム  >  29年産カミアカリ販売開始。
29年産カミアカリ販売開始。

 

玄米食専用品種巨大胚芽米カミアカリ、29年産は4ヵ所で栽培しました。その中で一番早く収穫されたのがカミアカリの発見者であり育成者でもある静岡藤枝の有機米生産者、松下さんのカミアカリです。今年は9月5日から順次収穫作業を行い、乾燥、調整、検査を経て9月12日より販売を開始しました。

前回のレポートでもご紹介したとおり、松下さんのカミアカリは質、量とも申し分のない仕上がりとなりました。松下さんらしい野性味のある草っぽい香りはもちろんのこと、29年産は口に入れた直後に強い甘みを感じます。それを言葉にするとスイートコーン。日照不足で心配していたのが、まるで嘘のようです。

この後、茨城奥久慈大子町の大久保さん、福島会津喜多方市熱塩加納町の菅井さん、そして今年初栽培の長野県伊那のザ・ライスファームさんも順次収穫、販売していく予定です。4つの場所と4人の生産者のカミアカリ、29年産もたっぷり味わってください!


<29年産カミアカリ販売店リスト>

片山米店(静岡市葵区)
お米のみうら(静岡市駿河区)
関屋精米店(川崎市高津区)
間瀬木米店(豊川市諏訪)
加藤米穀店(横浜市西区)
えなじーたかはし(浜松市中区)
かど万米店(藤枝市岡部町)
篠原ライス(東京都北区)
株式会社佐藤浅治郎商店(横浜市泉区)

小池精米店(渋谷区神宮前)
富沢精米店(練馬区石神井町)
すえひろ(横浜市港北区)KOMESEI(横浜市鶴見区)
the rice factory Honolulu(ハワイ州ホノルル)
アンコメ安東米店(静岡市葵区)
_

画像上:29年産松下カミアカリ
画像下:9月4日収穫前日の松下カミアカリ。

2017年09月16日 [ 457hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 133  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 133