TOP  >  ankome通信  >  カミアカリドリーム

 巨大胚芽米カミアカリとは・・・。

 

巨大胚芽米カミアカリは1998年(平成10年)の秋、静岡県藤枝市のコシヒカリの田んぼの中で発見された突然変異種です。発見者は松下明弘さん、藤枝で有機農法による稲作を生業とする専業農家です。
これからご紹介するのは、松下さんがカミアカリを発見したときのお話です。
 
 
 
その日、松下さんは収穫時期を見極めるためにコシヒカリが栽培されている田圃に入り、稲の成熟具合を手にとって眺めていました。明日から稲刈りをしようと決めてトラックに戻ろうとしたその時、視界の隅に気になる一株の稲を捕らえました。その株をよく見ると17あった稲穂の中の6つの穂が他とは異なっています。夕日に透かして見てみると普通の籾とは光の透け方が異なることに気づいたのです。一粒の籾を剥いてその米粒を見ると胚芽部分が通常の3倍から4倍の大きさでした。巨大胚芽の突然変異です。
 
 
そこから、後にカミアカリと命名されることになる巨大胚芽米の育種が始まりました。品種登録出願前のこの米のコードネームはKH (KyodaiHaiga)。KHは稲育種の専門化らの意見を聞きながら系統選別を繰り返し5つのKH(KH1〜5)が生まれました。その中から食味試験を行い、もっとも評価の高かったKH1を新品種として農水省に登録出願しました。2005年(平成17年)6月30日に登録出願を受理されたことを受けて翌年2006年7月15日静岡新聞紙面にて発表、2008年(平成20年)3月6日新品種として登録されました。
 
 
昔のモーターサイクルのようなコードネームKH1は「カミアカリ」と命名されました。この名前には、その発見のエピソードがイメージされています。「稲のカミさまが稲オタク松下明弘に、天から一条の光明でこの稲を指し示した・・・」。 「アカリ」には松下明弘さんの名前、「明」の意味も含まれています。こうして発見から10年後の2008年、巨大胚芽米カミアカリは正式に世の中に紹介されることになったのです。
 
 
 
 
 
 
カミアカリドリーム勉強会とは・・・
 

カミアカリを育て、守り、食べていくために2007年6月に結成されたのがこの勉強会です。作る人(生産)、商う人(流通)、食べる人(消費者)が一緒になってカミアカリという類まれな穀物の可能性を生み出していこうという目的で集まった仲間たちです。ひとつの品種を百年作り続けることが難しいなかで、品種としての価値を紡ぎながら「百年続く品種」を目指して活動しています。

 
カミアカリはその巨大な胚芽ゆえに玄米で食べることを宿命付けられた品種ですから、作る人にも商う人にも、また食べる人にもそれなりの技や意識が求められます。カミアカリはいわゆる「普通の米」ではありません。でも、だからこそ「米とはなんぞや?」という意識を私たちに芽生えさせ、それがひいては「作ること」=農、「商うこと」=経済、「食べること」=生、について考えるきっかけになりました。またこうしたことを意識できるような人々にバトンを渡すようにして託していくことで、健全にその価値が紡がれていくと私たちは考えています。そして今カミアカリに関わってくれている担い手を育てるために、カミアカリを考える機会、体感する機会、交流する機会、を設けることにしました。それが年3回行われる3つのプログラムです。
 

 

・講座(7月)
・ツーリズム(8月)
・交流(11月)
 

「講座」ではカミアカリを「植物」「食物」「文化」という切り口で考えていきます。「ツーリズム」では現在4ヶ所あるカミアカリ栽培地を訪ね風土と人、文化をまるごと体
感します。「交流」では、収穫祭やワークショップなど担い手たちと交流しながらカミアカリを体験します。
カミアカリを育て、守り、食べていくために、カミアカリドリーム勉強会はこのような活動を続けています。
 
松下カミアカリ22年産、入荷。
松下カミアカリ22年産、入荷。 22年産巨大胚芽米カミアカリが入荷。9月17日(金)より販売開始です。スタートは、静岡県藤枝市、松下さんのカミアカリからです。 このコンテンツでは、長期に渡ってカミアカリと、それにまつわる様々なのことについてレポートしていますが、今回はベーシックなところを今一度お話します。  カミアカリは通常の3倍もの大きな胚芽を持つお米で、巨大胚芽米のジ...
2010年09月17日 [ 4430hit ]
22年産カミアカリ収穫。
22年産カミアカリ収穫。 玄米食専用品種、巨大胚芽米カミアカリの22年産新米が、いよいよ収穫です。 9月1日に藤枝の松下さんのカミアカリ圃場を見に行き全部で8反ほどあるカミアカリ圃場を一枚一枚見て回りました。若干早いもの、やや遅いものはあるが、あと5日ほどで収穫のタイミングだと判断。あとは天気と相談し、6日〜7日で収穫することになった。 コンバインも乾燥機も準備、メンテナ...
2010年09月08日 [ 2112hit ]
2010カミアカリツーリズム写真集10【最終回】
2010カミアカリツーリズム写真集10【最終回】 8月21日と22日の2日間、カミアカリが生まれた松下さんの田圃のある藤枝市周辺で行ったカミアカリツーリズムを写真と共に、9回にわたりレポートしてきました。最終回は、個人的に網膜に残った風景を3点選びました。 画像上:栃山川旧流路沿いの土手にて。想像以上に保存状態が良い栃山川旧流路の景観。ここだけは時間が30年前から止まっているかのようだった。かつ...
2010年09月02日 [ 1964hit ]
2010カミアカリツーリズム写真集9
2010カミアカリツーリズム写真集9 8月21日と22日の2日間、カミアカリが生まれた松下さんの田圃のある藤枝市周辺でカミアカリツーリズムは行われました。テーマは水。その水の供給源の大井川。それにまつわる今昔を探訪しました。それらツーリズムの画像その9です。 画像:水をテーマに旅したカミアカリツーリズム静岡藤枝、最後に訪ねたのは焼津小川海蔵寺。ご本尊の地蔵菩薩が明応9年(1500年)焼...
2010年09月01日 [ 2087hit ]
2010カミアカリツーリズム写真集8
2010カミアカリツーリズム写真集8 8月21日と22日の2日間、カミアカリが生まれた松下さんの田圃のある藤枝市周辺でカミアカリツーリズムは行われました。テーマは水。その水の供給源の大井川。それにまつわる今昔を探訪しました。それらツーリズムの画像その8です。 画像上:大井浅間神社。この地域(本中根)の氏神さまで、大井川流域に分布することから川除けの信仰の対象と考えられている。かつ...
2010年08月31日 [ 2072hit ]
2010カミアカリツーリズム写真集7
2010カミアカリツーリズム写真集7 8月21日と22日の2日間、カミアカリが生まれた松下さんの田圃のある藤枝市周辺でカミアカリツーリズムは行われました。テーマは水。その水の供給源の大井川。それにまつわる今昔を探訪しました。それらツーリズムの画像その7です。 画像上:栃山川にて。直下に見えるのは新流路。右手に見える森が旧流路。現在は自然公園に改修されている。 画像中:栃山川沿...
2010年08月30日 [ 2106hit ]
2010カミアカリツーリズム写真集6
2010カミアカリツーリズム写真集6 8月21日と22日の2日間、カミアカリが生まれた松下さんの田圃のある藤枝市周辺でカミアカリツーリズムは行われました。テーマは水。その水の供給源の大井川。それにまつわる今昔を探訪しました。それらツーリズムの画像その6です。 画像上:栃山川旧流路にて。かつては蛇行をしていた栃山川の旧流路が現在は自然公園となって川底だった部分が自然歩道となって整備...
2010年08月29日 [ 1849hit ]
2010カミアカリツーリズム写真集5
2010カミアカリツーリズム写真集5 8月21日と22日の2日間、カミアカリが生まれた松下さんの田圃のある藤枝市周辺でカミアカリツーリズムは行われました。テーマは水。その水の供給源の大井川。それにまつわる今昔を探訪しました。それらツーリズムの画像その5です。 画像上:松下さんの田圃、カミアカリ圃場にて。水はついにここまでやってきた。カミアカリはあと20日ほどで収穫されるという。前面...
2010年08月28日 [ 1850hit ]
2010カミアカリツーリズム写真集4
2010カミアカリツーリズム写真集4 8月21日と22日の2日間、カミアカリが生まれた松下さんの田圃のある藤枝市周辺でカミアカリツーリズムは行われました。テーマは水。その水の供給源の大井川。それにまつわる今昔を探訪しました。それらツーリズムの画像その4です。 画像上:中条景昭像公園にて。明治維新後、旧幕臣中条景昭らによって牧之原開拓が始まったその高台から、大井川扇状地(氾濫原)の...
2010年08月27日 [ 1904hit ]
2010カミアカリツーリズム写真集3
2010カミアカリツーリズム写真集3 8月21日と22日の2日間、カミアカリが生まれた松下さんの田圃のある藤枝市周辺でカミアカリツーリズムは行われました。 テーマは水。その水の供給源の大井川。それにまつわる今昔を探訪しました。それらツーリズムの画像その3です。ご覧ください。画像上:大井川川口取水工にて。大型バスが走れるほどの太さのパイプが山の上から降り、その水が建屋にあるタービンを...
2010年08月26日 [ 1897hit ]
51 - 60 件目 ( 123 件中)    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13