TOP  >  ankome通信  >  トップページ掲載用カテゴリー  >  【掲】てがき版
【掲】てがき版
アンコメ的、米考。 アンコメ感謝祭
アンコメ的、米考。 アンコメ感謝祭  新年あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお願いします!さて新年早々アンコメではイベントを開催することになりました。1月21日(土)アンコメ感謝祭です。日頃の感謝をコメて一日だけのイベントです。いつもアンコメをサポートしていただいているショップやメーカーさんにご出店いただき、この日だけのスペシャルなメニューを多数用意しました。...
2017年01月18日 [ 301hit ]
アンコメ的、米考。 もういくつねるとお正月
アンコメ的、米考。 もういくつねるとお正月  あっという間に12月、なんと一年の早いことか・・・。それでも無事に忙しく過ごせたことに感謝をコメて今年もお正月用に、いいもち米が用意できました。おなじみ会津喜多方菅井さんの「有機米こがねもち」と、宮城登米南方の「特別栽培米みやこがねもち」です。いづれも絵に描くような伸び、超なめらか食感、米の風味の豊かさ、もち米品種数あれど、やっぱり...
2016年12月12日 [ 384hit ]
てがき版ankome通信10月18日発行
てがき版ankome通信10月18日発行 アンコメ的米考 入荷本番9月はかつてないほど日照の少ない月だった。梅雨のような雨降りがずっと続いた。梅雨時は雨が降らず、気温の高い日が続いたから、稲の生長が早まった。じつは早まった分、9月で足踏みし、結局のところ、ほぼ平年どおり。収穫期になっても雨の日が多く、生産者は晴れ間を縫って収穫し、荷物を運んで来ます。そんなわけで、10月に入ったとた...
2016年10月17日 [ 508hit ]
てがき版ankome通信9月5日発行
てがき版ankome通信9月5日発行 アンコメ的米考 シーズン到来28年産新米シーズンが始まりました。今年も例年同様、静岡森町堀内さんのコシヒカリからスタートしています。走りの新米出来は上々で青々とした新米ならではの風味そのままに、しっとりとして、なめらかな食感は昨年よりも良好です。走り出しとしては上々のすべり出しです。この後、藤枝松下さんの有機米が入荷し、続いて北関東や新...
2016年09月03日 [ 548hit ]
てがき版ankome通信1月23日発行
てがき版ankome通信1月23日発行 アンコメ的 米考 オススメ オブ アンコメ怒涛の4カ月(9~12月)が過ぎ、ようやく落ち着いて27年産米を振り返っているところです。毎年新米が出揃ったところでアンコメに入荷したお米の中で「オススメ オブ アンコメ」を選ぶのが恒例行事。今シーズンは超欲張って6種も選んでしまいました。お試しあれ!今ならコレがオススメ!オススメ オブ アンコメからダークホー...
2016年01月29日 [ 1023hit ]
てがき版ankome通信10月7日発行
てがき版ankome通信10月7日発行 アンコメ的 米考 遅れ気味。 なかなかどうして新米が入荷してこない。正確にいえば、何でも良ければ仕入れることはできる。けれどそうしないのは、例年以上に慎重に仕入れしているから。お盆前の猛暑で、走りの新米の出来がイマイチだったからだ。それに加え、台風、長雨、低温が原因で、予定していたお米も10日から2週間ほど遅れている。そんなわけで、9月は...
2015年10月08日 [ 1179hit ]
てがき版ankome通信9月3日発行
てがき版ankome通信9月3日発行 アンコメ的 米考 ブレンドいいね。27年産新米シーズンがやってきた。うれしい半面、悩ましい季節がまたやって来たかと思う今日この頃。各地、走りの新米は、出来はイマイチと漏れ聞こえてくる。アンコメの新米スタートは今年も静岡森町堀内さんのコシヒカリから始まった。新米らしいフレッシュ感はさすが!けれど食感をチューニングしたくなる質感。(こんなの気に...
2015年09月07日 [ 1216hit ]
てがき版ankome通信5月15日発行
てがき版ankome通信5月15日発行  アンコメ的 米考 新緑の季節が過ぎ、半袖を着る頃になると人が美味しいと感じる何かが変化する気がします。こってりとしたものから、あっさりとしたものを美味しいと感じる。そうめんやスイカが美味しくなるあの感じです。じつは毎日食べてるお米にもそれと似たことを感じることがあります。甘みも粘りもしっかりあるお米を美味しく感じていた秋冬に変...
2015年05月18日 [ 1528hit ]
てがき版ankome通信3月25日発行
てがき版ankome通信3月25日発行  アンコメ的 米考 こんにちはアンコメです。(アンドウコメテン略してアンコメ)当店は安東がまだ田んぼだらけだった昭和の始めの頃この地で米屋をはじめ現在で3代目。そんなアンコメは「田んぼからお茶碗まで」がテーマ、稲、米、飯のことならなんでもお答えできると思います。また、昔ながらの米屋ですから配達もお手のもの。お店に足を運ばなくても電...
2015年03月26日 [ 1586hit ]
てがき版ankome通信1月13日発行
てがき版ankome通信1月13日発行  アンコメ的、米考。 お米の種類は年末に細かいものを含めすべて揃った。だから今、一年のうちでもっとも種類が充実している。もちろん質だって申し分ない。ここ数年、紆余曲折してきた山形からは納得のいくお米が入った。若手が栽培する気持ちのこもった米が長野から入った。おなじみ静岡三人衆(磐田、森、藤枝)の米もなかなかいい。静岡では涼しい夏...
2015年01月15日 [ 1549hit ]
1 - 10 件目 ( 56 件中)   前 1 2 3 4 5 6