TOP  >  ankome通信  >  トップページ掲載用カテゴリー  >  【掲】米屋のいい訳
【掲】米屋のいい訳
水田徘徊2017 福島会津喜多方の菅井さん
水田徘徊2017 福島会津喜多方の菅井さん 奥久慈大子町の大久保さんの続き。(今回は長いです)大子町の夜(8月26日)は、お酒の量に比例して与太話も増えつつ更けていった。翌朝、大久保さんのところで自慢の飯をたらふくいただいてから次の水田徘徊へ旅だった。松下さんとはここで別れ、長野県の佐久からやって来た黒田くんの軽トラに乗り換えた。目指すは福島県の会津で有機米を栽培している菅井さん、田ん...
2017年09月16日 [ 320hit ]
水田徘徊2017 奥久慈大子町の大久保さん
水田徘徊2017 奥久慈大子町の大久保さん 夏の終わりに茨城と福島へ旅に出た。思えば学生時代、先輩から譲ってもらったオートバイで北を目指して旅をしたのもちょうどこの時期だった。この時が初めての東北の旅、国道4号線を北上するにつれ、肌で感じる涼しさに南北に伸びる列島を感じたものだった。今回は松下の愛車に揺られ高速道路を北上する。ワンボックスのキャブオーバー、若い時と違いもう少しし...
2017年09月08日 [ 237hit ]
水田徘徊2017 森、磐田再訪
水田徘徊2017 森、磐田再訪 毎年、世の中がお盆休みのこの時期、静岡では早生品種コシヒカリが収穫時期となる。かつてはお盆が明けてからが恒例だったものだが、昨年28年産は10日から収穫が始まった。30℃を軽く超えるような気温の日が連続したためだ。アンコメにとっては毎年ここから新米キックオフ、出来が気になってしかたない。そこで毎年、お盆休み中の1日はドライブがてら森と磐田を訪...
2017年08月17日 [ 195hit ]
水田徘徊2017 長野県伊那谷ザライスファーム
水田徘徊2017 長野県伊那谷ザライスファーム 伊那谷の東、南アルプスの仙丈岳の麓、伊那市長谷村南非持地区で今年から稲作を始めた農業法人「the rice farm nagano ina」へ行った。ザ ライス ファーム ナガノイナ?と聞いて勘のいい方は気付いた方もあろうと思うが、5月後半にカミアカリスイハニングのために出向いたハワイの米屋「the rice factory honolulu」と同じグループ会社で、稲作を担うチームがこの農業法人だ。...
2017年08月07日 [ 311hit ]
水田徘徊2017 北海道蘭越町宮武さん
水田徘徊2017 北海道蘭越町宮武さん 北海道のお米は永く扱っていながら、これまで「人」にフォーカスしてこなかった。それが2016年、カミアカリの勉強会メンバーである横浜の同業者、加藤さんから蘭越町の宮武さんを紹介された。彼から預かった米を試食した時に、「北海道にも、こういうお米があるんだ・・・」と改めて再認識したことから、その年から宮武さんの米を扱うようになった。ここでいう「...
2017年07月21日 [ 275hit ]
水田徘徊2017 磐田太田農場
水田徘徊2017 磐田太田農場 前回、森町堀内米のつづき。森町から太田川沿いに南へ移動すること30分、福田と書いてフクデと読む、水田稲作家にとっては縁起いいの町の川上に太田農場さんはある。静岡県内では早い時期に田んぼの基盤整備の進んだ一等地、一枚の田んぼが5反分以上もあるような大きく作業性の良い田んぼで仕事をしている。こんな恵まれた環境でありながら、それに奢れることな...
2017年07月13日 [ 274hit ]
水田徘徊2017 森町堀内米
水田徘徊2017 森町堀内米 毎年6月の終わり頃から田んぼへ出かける。この時期は田植えも終わり、生産者とじっくり会話ができるからだ。先週(7/4)、静岡県の西部、森町と磐田へ行ってきた。森町は、おなじみ堀内米の堀内さん磐田は、太田農場の太田さんアンコメの静岡米の定番、このお二人のおかげで年間通して安定した品質の地元米が販売できている。まずは森町堀内米。森町は新東名高速道...
2017年07月10日 [ 281hit ]
薪 (も)あります。
薪 (も)あります。 スイハニング(炊飯)には欠かすことのできない薪。日頃利用しているのは静岡市清水区両河内、木こりのプロフェッショナル集団、株式会社ソマウッドさんのヒノキ間伐材の薪です。出所のわかる地元の木、わずかとはいえ地元の山を守ることにも貢献できることがうれしいです。この薪、スイハニングに使う分以上にストックしてますから、これからのシーズン、キャンプ...
2017年07月08日 [ 445hit ]
旅する羽釜 ハワイ旅 5【最終回】
旅する羽釜 ハワイ旅 5【最終回】 2017年5月20~25日、ハワイ州ホノルルにある日本米専門店「The rice factory honolulu」で、巨大胚芽米カミアカリの試食会のため羽釜スイハニング(炊き)してきました。これはそのレポートです。スイハニング旅の相方、田中隊員の本業は地質と防災。じつは火山と津波の経験豊富なハワイ島へ行く計画をしたのは彼だった。ハワイ島2日目、「地質屋がマウナケアとキラウエアを見...
2017年06月16日 [ 363hit ]
旅する羽釜 ハワイ旅 4
旅する羽釜 ハワイ旅 4 2017年5月20~25日、ハワイ州ホノルルにある日本米専門店「The rice factory honolulu」で、巨大胚芽米カミアカリの試食会のため羽釜スイハニング(炊き)してきました。これはそのレポートです。ホノルルthe rice factory honoluluでのミッションが無事終了したあと2日休みをもらいハワイ島へ行った。ハワイ島ヒロの空港でレンタカーを借りさっそくヒロの街へ。旧市街はどこか日本の港...
2017年06月15日 [ 343hit ]
1 - 10 件目 ( 581 件中)   前 1 2 3 4 5 6 7 ... 59