TOP  >  ankome通信  >  米屋のいい訳
火耕水耨(かこうすいどう)
火耕水耨(かこうすいどう)

 

 

今年も4月からはじまるアートロ2015。
今日は本番に向けての実験日。焼き水田+土器野焼きを行った。

 

焼くことで休耕されていた雑草だらけの田んぼの草を掃い、その焼灰をカリ肥料として利用することと
その熱エネルギーで土器も焼いてしまおうという一石二鳥のアイデアの技術実験。
当時じっさいに行われいたかどうかは分からない。
けれど、出土する様々な遺物から想像する登呂村の暮らしぶりは、
資源の無駄使いなど一切なく何もかもが合理的効率的な感じがすることから
アートロではこんな仮説が生まれたのだ。

 

田んぼの中心部に土器を納めた野焼きドームを作る。
その周辺に同心円状に藁や草、落ち葉で作ったモクを火道として少しづつ燃やしていく。
火が一周まわったところで又のある棒で火を寄せ内側のモクに火を移す、
内側のモクも同じように一周まわったら最後に野焼きドームに火を移す。
こうすれば野焼きドームは徐々に暖められ土器の焼成時の破損も防ぐこともできる。
また火のコントロールも容易なため周辺への延焼も防ぐこともできる。
なにより、少しずつ燃えていく様はじつにのんびりとしていてなかなか良い光景であった。

 

今年アートロが実験する焼畑ならぬ焼水田は、
古代中国で行われていたという水稲農法「火耕水耨(かこうすいどう)」にも似た農法。
抑草、除草、施肥が一体となったかのようなその農法に、アートロでは「土器も焼く」ことも加味した画期的な農法。
本番は5月、今から楽しみだ。

 

 

【火耕水耨:かこうすいどう】とは・・・
中国漢代の「史記」や「漢書」記されている古代江南地方で行われていたという水稲農法。
その方法には諸説あるが実際にはよくわからない。
四文字から察するに「火で耕し水で草を刈り取る」。つまり焼畑を水田で行うかのよう。
肥料や農薬などの技術が生まれるはるか昔、先人たちが気づいた水稲技術である。

 


「アートロ土がぼくらにくれたもの2015」は只今参加者募集中です。

お申込みはコチラ


ホームページ
http://toro-museumshop.jp/artoro
登呂会議FBページ
https://www.facebook.com/torokaigi

 

2015年03月24日 [ 1477hit ]
アートロ2015はじまります。
アートロ2015はじまります。

 

 

アンコメ店主長坂潔曉が講師を務める「アートロ土がぼくらにくれたもの」
今年ももうすぐが始まります!3/12から参加者募集を開始しました。

 

弥生時代の登呂遺跡で月に一度、稲の生長と共に半年間、
田んぼで稲を育て、田んぼの土で土器をつくり、その土器で育った米煮炊きする、そして喰う。
活動を通じて水田稲作の黎明期に思いを馳せながら、そもそもどうして今のような暮らしになったのかを考える。
そこから生まれる「?(疑問)」や「!(発見)」、から未来を考える。それがアートロ。

今年は特別アドバイザーとして総合地球環境学研究所 名誉教授・京都産業大学教授、
佐藤洋一郎(さとうよういちろう)先生にも関わっていただくプログラムもあります。
ふるってご参加ください。

 

<ARTORO 連続7回講座「土がぼくらにくれたもの」スケジュール>
4月19日(日) 第1回「土は地球からのギフト」                 講師:本原令子
5月17日(日) 第2回「土を焼く?耕す?田んぼの仕立て」 講師:長坂潔曉
6月7日(日) 第3回「土で、稲を育てる」                 講師:長坂潔曉
7月5日(日) 第3回「土で、器をつくる」                 講師:本原令子
9月6日(日) 第4回「土器を焼く」                         講師:本原令子
10月18日(日) 第5回「土で育った稲を穫る」                 講師:長坂潔曉
11月15日(日) 第6回「土からの恵みを食べる」                 講師:長坂潔曉


↓詳しい情報はコチラまで↓
ホームページ
http://toro-museumshop.jp/artoro
登呂会議FBページ
https://www.facebook.com/torokaigi

2015年03月12日 [ 1215hit ]
炊飯ワークショップと新商品のお披露目。
炊飯ワークショップと新商品のお披露目。
 
 
2月21日の土曜、藤枝市のemagallery(エマギャラリー:藤枝市前島2-29-10-1)で
土鍋ご飯炊きのワークショップを行った。
会場がギャラリーということもあり、かねてから企画開発していたお米ギフトの新商品のお披露目もさせていただいた。
 
藤枝は有機米生産者、松下明弘さんのホームタウン。
それどころか会場から歩いて15分足らずのところに松下さんの田んぼがあるという立地でのワークショップ、
そこで集まった20人の参加者と共に松下さんの有機米(にこまる)を土鍋で炊いた。
土鍋による直火炊飯初心者ばかりでしたが、誰も失敗せず、ちょっぴりおコゲの美味しいご飯が炊けました。
その炊き立てご飯を岐阜の若手陶芸作家、村上祐仁さんのお茶碗に盛り、
島田市の海産物処「ふじ田」さんにご用意いただいたご飯の共でいただきました。
ご飯をいただいた後は、スペシャルゲスト、松下明弘さんが登場、
自身の稲作のお話し、稲の歴史のお話し、その先に偶然発見された巨大胚芽米カミアカリのお話しをしていただきました。
 
ギャラリーの展示ブースでは、アンコメのお米ギフトの新商品
「カミアカリ17%」と「米キューブ」(仮名)等を展示即売しました。
このカミアカリ17%ブレンドは、エマギャラリーさん隣のカフェLaPaixのマスター仲田氏が
玄米食専用品種巨大胚芽米カミアカリの魅力そのままに気軽に食べていただくために
白米との最適なブレンドを実験した結果生まれたブレンド比率。
その発案者のお膝元でお披露目をさせていただいたというわけです。
 
<カミアカリ17%ブレンド内容>
松下×安米プロジェクト米にこまる82%
静岡藤枝松下カミアカリ17%
静岡磐田黒米1%
 
_
 
special thanks
emagallery(エマギャラリー)
海産物処「ふじ田」 http://www.kaisanbutsu-fujita.com  
器/村上祐仁
喫茶 La Paix
 
2015年02月24日 [ 1392hit ]
ごはん炊き教室、2/21藤枝でやります!
ごはん炊き教室、2/21藤枝でやります!


 

藤枝市のemagallery(エマギャラリー:藤枝市前島2-29-10-1)で土鍋ご飯炊きの教室を行います。

藤枝開催ということもあり、藤枝の有機米生産者、松下明弘さんのお米を炊く予定。

また松下さんにもご参加いただき、お米のお話しもしていただきます。
お近くの方、ご興味ある方、ぜひご参加ください。参加申し込み、お問い合わせはemagalleryまで。

 

土鍋で炊く “本当に美味しいご飯” の教室
               〜「稲・米・飯」のおはなし〜

 

日時:2015年2月21日(土)14:00〜16:30
※10時より物販も行いますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
定員:15名(要予約)
参加費:1人2,000円(ご飯・お吸い物・ご飯のお供・お土産付)
イベント予約・お問い合せ:emagallery:tel 054−631−4851

https://www.facebook.com/emagallery.jp?fref=ts

 

<主催>emagallery(エマギャラリー)
<特別協力>
海産物処 ふじ田 http://www.kaisanbutsu-fujita.com 
駿河湾産の海産物をはじめ全国から厳選した乾物を扱っています。

 

器/村上祐仁
現在岐阜市にて制作中の若手陶芸作家

 

喫茶 La Paix
企画協力

 

住所藤枝市前島2-29-10-1
2015年02月12日 [ 1151hit ]
配達はアンコメの特技。
配達はアンコメの特技。

 

 

先日、ご来店されたお客様にこんな質問をされてちょっと驚いた。

 

配達してるんですか?

 

アンコメは今でこそ、ご来店のお客様が増えたけれど、かつては販売のほとんどは配達だった。
小学生の頃から店の手伝いをしていた私(店長)にとって
父や従業員さんの営業車の助手席に乗り、配達の手伝いをするのが日課だった経験からすると
この質問は意外だったからだ。

 

今でこそ「田んぼからお茶碗まで」を店のテーマとして活動しているアンコメでも、
日常業務の中心は、やはり「米を選び、精米し、袋詰めして、配達する」なのである。
創業(昭和初期)当初からこれまでを歴史的にみても配達のために様々に工夫し仕組みを整えてきた経緯があるからだ。


しかし時代は変わり、今ではお米は買いに行くことが大半になったということらしい。

とは言っても、アンコメ配達車2台は今日もお米を積んで走り回ってます。
今でも配達はアンコメの特技なんです。
街中で見かけたらぜひお声をかけてください!

 


アンコメの配達【配達料は無料!】
静岡市内(一部地域を除く)当日または指定日に配達します。
詳しくはお電話(054-245-1331)、
メールファックスで受け付け致します。
ぜひご利用ください。


※上記以外の宅配はヤマト宅急便か佐川急便にて発送致します。この場合の送料はお客様負担となります。
 

2015年02月06日 [ 1781hit ]
今年もヤツらがやって来る!【告知】
今年もヤツらがやって来る!【告知】

 

 

明日2月3日(火)は節分。
毎年この日には静岡市内にある名刹、大竜山臨済寺に住むという鬼三匹が街にやってくる。
先日、アンコメにも事前通告があった。

 

赤鬼青鬼黒鬼
お付の雲水の2名の5人組。
なんとマネージャーと思しき雲水が福豆持参でやってくる気を利かせよう。(笑)

 

つまり、まるごしでアンコメへ来店していただければ、即豆まきができるという段取りです。
どうですか?ご一緒に豆まきしませんか?

 

鬼は外っ!福は内っ!


 

2015年節分鬼襲来スケジュール
時間:2月3日(火)16時ごろ
場所:アンコメ安東米店
ヤツらは手薄な時を狙って突然やって来ます!お早めにご来店いただき、戦闘態勢整えましょう!

2015年02月02日 [ 1125hit ]
えび餅、できた。
えび餅、できた。

 

 

お餅が人気。
白いお餅はもちろんだけど玄米餅がすこぶる元気。。
たくさんは搗くわけではないけれど、毎週3〜4臼つくっている。
その中でも一昨年開発したアーモンド入り玄米餅は今だに人気を維持している。

 

アンコメ新商品開発チームとしてはこの人気のうちに次なる商品を生み出すべく様々なアイデアをためしているところ。
そのひとつが「えび餅」。
これは玄米餅ではなく、白いお餅に干した小えびを搗き込んでつくるもの。
静岡では駿河湾で獲れる桜えびを使うのが一般的。
そこで昨年から何度か挑戦してはみたものの
風味や色合いを生かすとなると高級な桜えびが大量に必要となることがわかり
上代が超高級になってしまうことから断念していた。
ところが作年末、取引のある蒲原のカネジョウさんからいただいたサンプルで一気にブレークスルーした。

 

素干しあみえび。

 

三陸産のあみえび。干された状態で体長1センチほどの小さなえび。
これをお餅に搗き込んだら色合い、風味とも文句なかった。
小さい上に髭もないことから食感もみやこがねもちのなめらかさそのままだった。
塩は一切せず、干しあみえびの風味のみ。
味付けはお好みで、お醤油や魚醤、塩などシンプルなものが合いそうです。

というわけで、しばらく毎週水曜日に作ろうと画策中。
ぜひ味わってください。


えび餅
三陸産素干しあみえび使用
もち米は、特別栽培米宮城加美みやこがねもち
1パック(4切入り)500円税別

_


画像上:えび餅
画像下:素干しあみえび

 

 

2015年01月24日 [ 1926hit ]
米100選
米100選

 

 

Yahooの「厳選 米100選」に巨大胚芽米カミアカリが選ばれた。

選者は料理研究家やごはんソムリエ、有名米店の店主など16人の「お米のプロ」の方々。
その彼らが「Yahoo! JAPAN 日本の定番選定委員会」として、日本全国のあらゆるお米の中から100種選んだそうです。
全国に数多ある素晴らしいお米の中から100種、その中にカミアカリがあることをとても誇らしく思います。
カミアカリを選んでいただいた選者の松見早枝子さん、ほか多くの関係者の皆さま、本当にありがとうございました。
http://shopping.yahoo.co.jp/edit/rice/item/rice_item_099.html

カミアカリのご注文はコチラ↓
http://ankome.com/modules/kome/index.php?cid=20

 


さて、このうれしいニュースを見ながら、ふと思ったことを少し書いておくことにします。
この100選、つまり選ばれた理由、それはもちろん「美味しさ」だと思います。
カミアカリなどは「ヘルシーさ」もまた重要な要素だったことでしょう。
今回、この選ばれた理由は「美味しいこと」が何よりも尊ばれる今の時代の米を象徴しているようにも思えます。
例えばこれを江戸時代や明治時代に「厳選 米100選」としたら・・・
もしかすると「美味しさ」よりも優先される別の価値で選ばれていたかもしれません。

 

明治時代の1903年、当時の農務省の農事試験場が全国の稲品種を集め整理したら約4千点の米品種が集まったそうです。
そのうち明らかに同じと思われるものを整理し670点になった。
この670点がニッポンの品種の概念の始まり、また当時の日本の稲の最大数であろうと考えられます。
その670点の中には「美味しい」だけではない多様な価値があったと想像さます。

 

例えばそれは・・・病気に強い、寒いところでも育つ、たくさん採れる、痩せた土地でも元気に育つ、
炊き増えする、長期貯蔵に耐える、立派な稲藁が採れる、などなど・・・。
稲作伝来以来、この島国で生きてきた人々の糧として、また生活資材として、
時代や地域、それぞれのニーズに答えてきた670点だったに違いありません。
今回の100選はそういった米たちを土台とし、さらに研賛を重ね、
現代人の味覚感性にも耐えうることのできた現代品種の中から選ばれた100点なのだと思ったわけです。


参考文献:「森と田んぼの危機」(佐藤洋一郎著:朝日選書)

 

_


画像上:炊きたてカミアカリ
画像中:収穫直前のカミアカリ
画像下:米粒カミアカリ

 

 

2015年01月17日 [ 1133hit ]
行きたい、冬の田んぼ。
行きたい、冬の田んぼ。
 
 
忙しにかまけて昨年の11月中旬から田んぼへ行ってない。
2014年に撮影した画像の整理をしていて気づいた。
 
行きたい、冬の田んぼ。
 
冬に田んぼへ行っても何も見るものがない・・・と思うかもしれないが、じつは案外見るべきものがある。
とくに美しいのは白化したひこばえ。
つまり稲刈り後の刈り株から茎を出しわずかながら実を結んだ稲穂がそのまま冬に入り白く枯れた姿だ。
 
休みの日にでも、ふらっと行ってみようかな・・・。
と思い始めたら無性にカメラの掃除をしたくなった。
 
_
 
2015年01月15日 [ 998hit ]
てがき版制作中。
てがき版制作中。

 

 

作年末に細かいものまですべて入荷した26年産米。
それらをすべて網羅した手描き版ankome通信を制作中。

 

版下原稿はPCで作れば早いのだけど、やっぱり手描きしたくなる。
手描きの文字やイラストは誰にも真似できない独自フォントだからね。
栽培から大切にしてきたお米たちだから、その思いはやっぱり手描きしたくなる。
誤字脱字もたまにあるけど大目にみてね。

 

今日は祝日(成人の日)お店は休み。
電話は鳴らず静かな事務所でひとり作業中。

 

 

 

 

2015年01月12日 [ 967hit ]
61 - 70 件目 ( 603 件中)    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ... 61